1
歌い手やボカロ

An anecdote some of you might heard of is

僕の無意識に入り込んだこの逸話を

intruding into my subconsciousness...

何人かはもう聞いたことがあるかもしれない

2
歌い手やボカロ

愛した理由も忘れちゃって

過食気味の胸で泣いちゃって

肌の色すら見えなくなってる

自分だけ傷ついたつもりで

3
歌い手やボカロ

つまりは好奇心に囚われてたんだ

大切な物なら壊したんだ

明かりの灯らないホールケーキ

木製の君と踊ってたんだ

4
歌い手やボカロ

死に急ぐ者たちを両手で馬鹿にしたのは

裂傷が霧になり舞い散る街で耳を塞ぐのは

僕はもうこの世界に見捨てられたような気がし

たから

5
歌い手やボカロ

「ねぇこっちおいでよ…なんて」

「えーっと、聞こえてますよ…なんて」

1,2,3,4!

「もう冬ですね」「そうクリスマス」

6
歌い手やボカロ

真夜中見つけたフォークロアは

その昔人魚を生み出したらしい

独善的中毒者や パパラッチに這い寄るmonkey

みたいな輩共が悦に浸るため 編まれた物でしょ

7
歌い手やボカロ

足りないもの なーんだ 僕らの人生

正解どこなんだ 探せよ探せ

例外ない 二進も三進も 零下以内なら

劣化以外ない

8
歌い手やボカロ

「人は裏切る生き物だから

誰の事も信じられない」

それが君の正義ならどうぞ 貫いてくれ

“人は裏切る生き物”だから