1
歌い手やボカロ

どれだけ歩めども 道はなく

彷徨うは千里先

それが人の世だと 笑う君だったんだ

然れど散りゆく定め

2
歌い手やボカロ

真夜中見つけたフォークロアは

その昔人魚を生み出したらしい

独善的中毒者や パパラッチに這い寄るmonkey

みたいな輩共が悦に浸るため 編まれた物でしょ

3
歌い手やボカロ

まだ青くて拙い 脆くて足りない

小さくて弱くて どうしようもない 僕だ

[間奏]

知りたかったんだ 成功と失敗 マルとバツの

4
歌い手やボカロ

つまりは好奇心に囚われてたんだ

大切な物なら壊したんだ

明かりの灯らないホールケーキ

木製の君と踊ってたんだ

5
歌い手やボカロ

An anecdote some of you might heard of is

僕の無意識に入り込んだこの逸話を

intruding into my subconsciousness...

何人かはもう聞いたことがあるかもしれない

6
歌い手やボカロ

また始まった忘れんぼう

手帳の隅っこだってカレンダーにだって

マルしておいたのに

どうして怒ってるかおわかりですか?

7
歌い手やボカロ

ねえねえ この世界を どっかでひっくり返した

くて

せいぜい 時間なんてありはしないが

まあまあ そんなんで少年少女揃いまして

8
歌い手やボカロ

交差線上で視線を感じる 娑婆の裏で冗談

灰色混じりの溜息 我楽多 この隘路に放れ

彷徨っては壁にあたる 傷だらけで今日も

有象無象街 塵の花