歌い手やボカロ

らっしゃいな 平は成り

時が来た 正しい夢現(ゆめうつつ) 夜もすがら

変わりゆくことに恐れなし

のっぴきならないのは御免

歌い手やボカロ

素足を晒して駆け出した 少年少女の期待

この先は水に濡れてもいいから

めくるめく議論はトートロジーに ああ

また日が暮れてった

歌い手やボカロ

休みましょうか、ちょっとここらで

泣いてることにも気づいてないでしょう

誰も抱きしめてくれないなら

私が抱きしめてもいいですか

歌い手やボカロ

乙女解剖であそぼうよ

ドキドキしたいじゃんか誰だって

恥をしたい 痛いくらいが良いんだって知った

あの夜から

歌い手やボカロ

An anecdote some of you might heard of is

僕の無意識に入り込んだこの逸話を

intruding into my subconsciousness...

何人かはもう聞いたことがあるかもしれない

歌い手やボカロ

一時間目は午前九時 

朝練習 今日も地獄だった

鳴り響くチャイムのメロディ

汗ばんでる胸にヘバリツクあれこれ

歌い手やボカロ

ホラ 風にゆらゆらなびくその髪が

時を奪い尽くそう

ホラ この瞳は貴方に仕える僕

導いておくれ

歌い手やボカロ

今日もなんだって挨拶おつおつおー!

決めたって忘れちゃったおつおつおー!

それでも会えたからいいじゃないか

うん会いたい気持ちが大事です