どえむ - ぶりるP ft. 初音ミク の歌詞


お気に入り
00:00:00
歌詞をタップするとそこから再生されます

00:00:26
さあ、おいで 始めよう 禁断の儀式--

00:00:33
そう、ここは 羞恥と拘束の世界

00:00:39
白い首筋に 嵌めた 服従の証

00:00:46
鞭打たれた 傷は 調教の刻印(しるし)

00:00:52
汚らしい言葉 絶えず 浴びせよう

00:00:58
それが キミにとっての ご褒美

00:01:05
どえむ キミは どえむ かなり どえむ

00:01:09
言うまでも無く

00:01:12
どえむ キミは どえむ すごく どえむ

00:01:16
疑う余地無く

00:01:18
僕の愛しい 雌豚

00:01:28
「この卑しい ワタシを 飼育してください」っ
ていう

00:01:35
キミの その健気さに 僕の鼓動 やけに速まる

00:01:41
無様に 這う姿 傍で見てる 僕は

00:01:47
どうしても キミを 虐めたくなっちゃう

00:01:54
どえむ キミは どえむ まさに どえむ

00:01:58
まるで歪み無く

00:02:00
どえむ キミは どえむ マジで どえむ

00:02:04
なんの迷い無く

00:02:07
僕の可愛い メスブタ

00:02:49
床に落とした アイスクリームを 手を使わず
おいしそうに 舐めるキミ

00:02:56
幼稚園児の 格好をして 恥ずかしそうに コン
ビニで 買い物をするキミ

00:03:02
渋谷駅の前で 僕の帰りを じっと待つ…

00:03:12
汚らしいモノを すべて 与えよう

00:03:18
それは キミにとっての 悦び

00:03:28
どえむ キミは どえむ かなり どえむ

00:03:32
言うまでも無く

00:03:34
どえむ キミは どえむ すごく どえむ

00:03:38
疑う余地無く

00:03:41
僕の愛しい 僕の愛しい 僕の愛しい 雌豚

この曲の関連記事

人気順
1
歌い手やボカロ

さあ、おいで 始めよう 禁断の儀式--

そう、ここは 羞恥と拘束の世界

白い首筋に 嵌めた 服従の証

鞭打たれた 傷は 調教の刻印(しるし)

2
歌い手やボカロ

豚、ブタ、 BUTAと呼ばれたいの アナタに…

ああ、縛って きつく 悦楽の縄で

もう、逃れられない ワタシ 愛の奴隷

唾を吐かれた 顔に 追い打ちをかけて

3
歌い手やボカロ

無駄だぞ! オマエは見張られてる どこへ逃

げようとも

国家の転覆 企む輩を 決して 我らは 逃し

はしない

人気順
1
歌い手やボカロ

人を過度に信じないように

愛さないように期待しないように

かと言って角が立たないように

気取らぬように目立たぬように

2
歌い手やボカロ

繁華街地下場末のバーは

ボンクラ酔いどれ自称非凡人

使い捨てしたいクズと

されたい輩にて大繁盛

3
歌い手やボカロ

コンコン 優しくノックして

乗り込め ココロの奪還戦

妄想ばかりが フラッシュして

加速するパルス 答えはどこだろう

4
歌い手やボカロ

もういっそ“一緒ランド”作りましょ

君とマッチアップ 乗っかって

「構ってもっと 足りないの」

歌え 想い出染みた嫉妬のStyle