いかないで - 想太P ft. そらる の歌詞


お気に入り
00:00:00
歌詞をタップするとそこから再生されます

00:00:22
何でもないと口をつぐんだ

00:00:27
ホントはちょっと足を止めたくて

00:00:32
だけどもきみは早足ですっと前を行くから

00:00:37
ぼくはそれを見つめてる

00:00:42
最終便 きみは乗る ぼくを置いてって

00:00:47
はしりだす ゆっくりと 地面がずれていく

00:00:53
泣いちゃだめ 泣いちゃだめ でもホントは言い
たいよ

00:00:57
「いかないで」

00:01:00
遠くへと 消えていく ぼくを置いてって

00:01:05
もう随分 見えないよ 夜が崩れていく

00:01:10
泣いちゃだめ 泣いちゃだめ でもホントは言い
たいよ

00:01:15
「いかないで」

00:01:40
祭りも終わればいつもと同じ

00:01:45
変わらぬ夜が来るんだと知った

00:01:50
だけどもきみはいつもよりずっと色っぽく見え

00:01:55
ぼくはそれを見つめてる

00:02:00
時間だけが 過ぎていく ぼくを連れてって

00:02:05
帰り道 暗いけれど 一人で大丈夫かな

00:02:10
街灯に 照らされて 影ができている

00:02:15
一人ぼっちさ

00:02:18
遠くへと 消えていく ぼくを置いてって

00:02:23
完全に また今度 夜が滲んでいく

00:02:28
泣いちゃだめ 泣いちゃだめ でもホントは言い
たいよ

00:02:32
「いかないで」

00:02:35
泣いちゃだめ 泣いちゃだめ でもホントは言い
たいよ

00:02:40
「いかないで」

人気順
1
歌い手やボカロ

夏のさ花が咲いて嫌になって日和ってた

誰かの目のことや日々のこと気にしてた

だらだら生きてた 冷めてた眼差し

思い出だけある街並みを踏みつけてた

2
歌い手やボカロ

コンコン 優しくノックして

乗り込め ココロの奪還戦

妄想ばかりが フラッシュして

加速するパルス 答えはどこだろう

3
歌い手やボカロ

転んだままの僕が見てるのは

よく知らない人たちの怖くて嬉しげな声で

こんなものと知っていたなら

立っていられた時から動けやしないだろうな

4
歌い手やボカロ

初夏のパレード 潮風の背

海のクレープ はじけた夢

ちょっとだけ得意気に 君を誘うんだよ

飛沫あげて 飲み込む夏が

人気順
1
歌い手やボカロ

何でもないと 口をつぐんだ

ホントはちょっと 足を止めたくて

だけどもきみは早足で すっと前を行くから

ぼくはそれを 見つめてる

2
歌い手やボカロ

何でもないと口をつぐんだ

ホントはちょっと足を止めたくて

だけどもきみは早足ですっと前を行くから

ぼくはそれを見つめてる

3
歌い手やボカロ

何でもないと口をつぐんだ

ホントはちょっと足を止めたくて

だけどもきみは早足ですっと前を行くから

ぼくはそれを見つめてる

4
歌い手やボカロ

連絡するとメモを渡した

ホントはちょっと足を止めたくて

だけどもきみはホームへとすっと前を行くから

ぼくはそれを見つめてる