猫耳コンプレックス - 40mP ft. 初音ミク の歌詞


お気に入り
00:00:00
白い三角の耳と

00:00:03
長い尻尾隠して

00:00:07
今日も街に出かける

00:00:10
どうか誰にもバレませんように!

00:00:29
友達と違う見た目

00:00:32
昔からコンプレックスで

00:00:36
いつも自信が持てない

00:00:39
猫背がちな毎日

00:00:42
そんな私に手を差し伸べる

00:00:49
君のことなんだか いつもいつでも気になって

00:00:56
猫舌で猫かぶりで 臆病な自分がヤダ

00:01:03
逃げ道ばかり探して 小さく丸まってたけど

00:01:10
キライなとこまとめて 私のままでいいんだっ

00:01:17
君が教えてくれた 前足を空にかざす

00:01:39
帰り道で見つけた

00:01:43
フワフワの猫じゃらし

00:01:46
遊びたくてウズウズ

00:01:50
見ないふりしてガマン

00:01:53
そんな私のことかまわずに

00:01:59
君はしゃがみこんで 「少し遊んで行こうよ!」

00:02:07
猫の手も借りたいほど 忙しすぎる毎日

00:02:13
カレンダーに増えてゆく 君と笑った思い出

00:02:20
昨日よりも少しだけ 自分のこと好きになった

00:02:27
聞こえないように「ありがとう」 猫なで声で
つぶやく

00:02:56
背筋伸ばして

00:03:00
尻尾ふりながら

00:03:03
後ろ足を踏み出した

00:03:10
猫も杓子も誰でも カンペキな人はいない

00:03:17
それぞれ悩みながら なんとかかんとか割り切っ

00:03:24
1.2.3 ニャー!

00:03:26
猫舌で猫かぶりで 臆病な自分だけど

00:03:32
逃げずに前を向いて 君と一緒に歩こう

00:03:39
無理して変わらなくても 私のままでいいんだっ

00:03:46
君が教えてくれた 前足を空にかざす

00:03:55
三角の耳を風が揺らす

この曲の関連記事

人気順
1
歌い手やボカロ

虚空に華が舞う 截然と風が吹く

落日の陽炎 記憶を焼き尽くす

黄昏の歌声 古の旋律

唯一つ蘇る想ひ

2
歌い手やボカロ

むかしむかし。

あるとこに、おじいさんとおばあさんが、

小さな家でつつましく暮らしていました。

川で洗濯しているとき、大きな桃が流れてきた

3
歌い手やボカロ

立ち止まった駅のホーム あの日の自分に出会

えた

澄み渡ったその瞳で僕を見つめてた

「ほんのちょっと変われた?」って あの日の自

4
歌い手やボカロ

舌足らずな声で 話した夢も

いつか当たり前に なっちゃって

どうしてだっけ? 笑えなくなって

繰り返す日々 忘れた想い

人気順
1
歌い手やボカロ

人を過度に信じないように

愛さないように期待しないように

かと言って角が立たないように

気取らぬように目立たぬように

2
歌い手やボカロ

覚えてる?あの日の耳打ち

「世界一可愛いよ」なんてね

元気ない君にかけた本音は

ちょっと君を困らせたね

3
歌い手やボカロ

ア・ア・ア・暗記厨

ア・ア・ア・暗記中···

Say···『日本史!』

聖徳太子定めた憲法十七条は群れ寄る(604)民

4
歌い手やボカロ

砕けた心が濾過できなくて 

涙はそっと枯れてゆく

もう一粒も 流れなくて 

可笑しいよねって 笑ってる