東京百鬼夜行 - 40mP ft. 初音ミク の歌詞


お気に入り
00:00:00
歌詞をタップするとそこから再生されます

00:00:21
夜の隅で 風に化けて

00:00:28
君の肩にかかる髪を揺さぶる

00:00:35
月が出たら 傘を差して

00:00:42
僕の姿 誰も見えないように

00:00:49
妖しげな唄を 唄いながら歩く

00:00:53
独りでは怖い ただ傍に居たいだけ

00:00:56
眠らない街に 祭囃子響く

00:01:00
狐がトントン跳ねる

00:01:03
どっちだっけ どっちだっけ とおりゃんせ

00:01:07
ちょっとだけ ちょっとだけ 恨めしい

00:01:10
さっきまで さっきまで 忘れてた

00:01:14
過ぎ去りし日の感情が

00:01:17
まだ僕に取り憑いている

00:01:42
朝が来れば 人は何処へ

00:01:49
夢は過ぎて 風の前の灯火

00:01:56
何もかもが 嘘のようで

00:02:03
白い息が 霧に紛れ消えてく

00:02:10
おぼろげな唄を 唄いながら歩く

00:02:14
独りでは怖い ただ傍に居たいだけ

00:02:17
枯れ果てた街に 足音が響く

00:02:21
蛙がぴょこぴょこ跳ねる

00:02:24
どっちだっけ どっちだっけ とおりゃんせ

00:02:28
ちょっとだけ ちょっとだけ 恨めしい

00:02:31
さっきまで さっきまで 忘れてた

00:02:35
君の名前も存在も まだ僕を惑わせる

00:02:42
どっちだっけ どっちだっけ とおりゃんせ

00:02:45
ちょっとだけ ちょっとだけ 恨めしい

00:02:49
さっきまで さっきまで 忘れてた

00:02:52
過ぎ去りし日の感情が

00:02:56
まだ僕に取り憑いている

00:03:03
また今宵も 君の元へと

この曲の関連記事

人気順
1
歌い手やボカロ

偽りと真実をシェーカーで混ぜ合わせ

ひび割れたグラスに注ぐ 愛 愛 愛

満たされたことなんてたった一度さえない

漏れ出した雫を舐める 愛 愛 愛

2
歌い手やボカロ

待ち合わせは二時間前で

此処に独り それが答えでしょ

街ゆく人 流れる雲

僕のことを嘲笑ってた

3
歌い手やボカロ

分かったような 言葉ばっか並べて

君の事を作り上げていた

“自分自身” という 狭い部屋の中に

鍵をかけて閉じ込めてたんだ

4
歌い手やボカロ

試されることに嫌気がさし 競い合うことに疲

れ果てて

もう 全て終われば…なんて残酷な考えも過る

無限に広がる夢というが 選べる選択肢は有限

人気順
1
歌い手やボカロ

本能が狂い始める

追い詰められたハツカネズミ

今、絶望の淵に立って 踏切へと飛び出した

そう 君は友達 僕の手を掴めよ

2
歌い手やボカロ

乙女解剖であそぼうよ

ドキドキしたいじゃんか誰だって

恥をしたい 痛いくらいが良いんだって知った

あの夜から

3
歌い手やボカロ

考え過ぎのメッセージ 誰に届くかも知らない

きっと私はいつでもそう 継ぎ接ぎ狂ったマト

リョシカ

4
歌い手やボカロ

なあ 元気? 調子はどうだい?

ああ もうね そういうの辞めたんだ

うん なんか もう回復の見込みは無いそうなん