Mrs.Pumpkinの滑稽な夢 - ハチ(米津玄師) ft. luz, nqrse, そらる, まふまふ の歌詞


オフボーカル
お気に入り
00:00:00
歌詞をタップするとそこから再生されます
オフボーカルにすることでカラオケが出来ます

00:00:09
トリック・オア・トリート!

00:00:10
解けない魔法と悪戯なシャル ウィ ダンス

00:00:13
導くモンは何? 夢へ急ぐ最中 見つけ出すシャ
ングリラ

00:00:17
ジャカランダ咲いた 無礼を酌み交う演説会

00:00:21
何処へ行こうか? 愉快に泣いた歌

00:00:30
ジャックは笑った 「異端な感情置いといて」

00:00:34
チョコレート頂戴 下賤に泣いた歌

00:00:38
カカシがふらり 咽んで揺れた

00:00:43
食わず嫌いは カボチャのパイ

00:00:49
ねぇ ラルラルラ 私と踊ろうか

00:00:53
まだ眠る お月様 "「呼んだ? 呼んだ?」と蕪頭
"

00:00:57
ほら 棺は何処にも無くなった つまらないや

00:01:06
カウントダウン 愚弄 迫る邂逅

00:01:07
震えちゃっテ 巡る記憶はど断片

00:01:10
これも輪の上のこと? 響く Ring a bell

00:01:12
まだ間もないと君が言う ネ?

00:01:14
ならばクレイジーで ダーティーかつ 素敵なショー
を!

00:01:17
でっち上げられた 魔法に敏感 鉄塔と

00:01:21
魔女は高架下 眩んだ様だった

00:01:25
ジャックは気取った 「卑猥な感情持っといて
!」

00:01:29
マンダラゲ咲いた 怨んだ様だった

00:01:34
山羊が何か企んで

00:01:40
"「受け入れろ、受け入れろ」"

00:01:43
電車を待つ

00:01:47
手を繋ごう 二つは許された

00:01:51
巡りつく 管の中 "優性劣性死屍累々?"

00:01:55
ほら 即売会 群んだ 蟻の中 まだ眠る お月様

00:02:46
「ああ! ミセスパンプキン! お迎えに上がりま
した!」

00:02:52
この夜はいつの間に 夢を壊したのだろう?

00:03:11
まだここで 踊っていたいのよ!

00:03:15
夢のような 錯乱を "劣性劣性馬鹿溜り"

00:03:20
ほら 吐き出した快楽と 火が灯る

00:03:24
ランタンは

00:03:28
ねぇ ラルラルラ 私と踊ろうか

00:03:32
返事なんか 来る筈も "「残念!無念!」と蕪頭
"

00:03:37
ほら 棺は何処にも無くなった つまらないや

00:03:44
沈み込んだ 泥の中

00:03:48
朝を待った 藪の中

00:03:53
電車の中

00:04:01
ああ ミセスパンプキン

00:04:07
ああ ミセスパンプキン

この曲の関連記事

人気順
1
歌い手やボカロ

甘い言葉に しっぽ振りながら

「今すぐ行くね」って便利な存在

予定が入ったとか仕事が長引くとか

貴方の「絶対」なんて 脆く儚い

2
歌い手やボカロ

熱い夜を求めて、抜け出す午前0時。

こんな前戯(イントロ)じゃあ僕は

満足(みた)されないよ。

そして君を見つけた。灰かぶりの歌姫。

3
歌い手やボカロ

「Don’t touch me!」

ついてこれるかこの精神愛

体はいつも正直なんだ

目で見るリアルが全てじゃない

4
歌い手やボカロ

ふたりの距離がすごく 縮まった 気持ちがした

自然に腕が組めて 冷えた空 見あげた時に

コンビニでお茶選んで 当たり前に分けあって

きみの胸にくるまれている

人気順
1
歌い手やボカロ

An anecdote some of you might heard of is

僕の無意識に入り込んだこの逸話を

intruding into my subconsciousness...

何人かはもう聞いたことがあるかもしれない

2
歌い手やボカロ

あの子もいいな あの子もいいな

頭の中で イイコトしてる

あなたはそれで満足ですか?

叶えたいとは思いませんか?

3
歌い手やボカロ

ドレミはどれも何処かへ泳ぐ

折れたペン先 御立派

つまりはまだお化けの仕業?

それなら君は何者?

4
歌い手やボカロ

聡明に 単純に

愛故に盲目に

秘密の合図

シェイクしたラムベース

人気順
1
歌い手やボカロ

思い出していた のは

また、家族の事

「アヤノはお姉ちゃんだから

皆の事、よろしくね」

2
歌い手やボカロ

初夏のパレード 潮風の背

海のクレープ はじけた夢

ちょっとだけ得意気に 君を誘うんだよ

飛沫あげて 飲み込む夏が

3
歌い手やボカロ

夏のさ花が咲いて嫌になって日和ってた

誰かの目のことや日々のこと気にしてた

だらだら生きてた 冷めてた眼差し

思い出だけある街並みを踏みつけてた

4
歌い手やボカロ

むかしむかし。

あるとこに、おじいさんとおばあさんが、

小さな家でつつましく暮らしていました。

川で洗濯しているとき、大きな桃が流れてきた

人気順
1
歌い手やボカロ

An anecdote some of you might heard of is

僕の無意識に入り込んだこの逸話を

intruding into my subconsciousness...

何人かはもう聞いたことがあるかもしれない

2
歌い手やボカロ

幽霊少女は今日も 無口に歩く

興味 愛憎 なんての無い 脳内 空々(からから

)の人波

誰の影に隠れて歩く?

3
歌い手やボカロ

曇天を揺らす警鐘と拡声器 ざらついた共感覚

泣き寝入りの合法 倫理 事なかれの大衆心理

昨夜の遺体は狙い通り 誰かが持ち去っていっ

4
歌い手やボカロ

ちーん

1.2. 1.2.1.2.さん.しー

かまってちょーだい

かまってちょーだい

人気順
1
歌い手やボカロ

地を覆う大きな傘。

中央に塔が一本建ち、それが機械の塊を支えて

いる。

当然 真下にある集落には陽が当たらず、

2
歌い手やボカロ

パッパラ働く休む事なく ロ ド ロ ド ランラ

ンラ

繰り返しの毎日 気がつけば迷子の猫の様

どっかで誰かが入れ替わろうと マ ノ マ ノ

3
歌い手やボカロ

考え過ぎのメッセージ 誰に届くかも知らない

きっと私はいつでもそう 継ぎ接ぎ狂ったマト

リョシカ

4
歌い手やボカロ

考え過ぎのメッセージ 誰に届くかも知らない

きっと私はいつでもそう 継ぎ接ぎ狂ったマト

リョシカ