波に飲まれる前に - Guiano ft. メガテラ・ゼロ の歌詞


お気に入り
00:00:00
冷めた眼 波打ち際 このままこの海に抱きしめ
られたい

00:00:09
そう言う君は波の隙間縫うように一つ僕に息を
吐いた

00:00:17
そんな彼女を

00:00:19
抱きしめてやれたら この冷たい海も消してし
まえたのか

00:00:26
この愛ひとつで君を攫ってしまえるなら

00:00:30
波に飲まれる前に伝えなくちゃ 伝えなくちゃ
伝えなくちゃ

00:00:53
真っ白な肌 浮かぶ青を 優しく撫でる君の横顔

00:01:01
隣からずっと眺めていた 僕に気付きそっと
微笑んだ

00:01:10
そんな彼女を

00:01:13
抱きしめてやれたら この冷たい海も消してし
まえたのか

00:01:19
この愛一つで君を攫ってしまえるなら

00:01:24
波に飲まれる前に伝えなくちゃ 伝えなくちゃ
伝えなくちゃ

00:01:46
雨の時も 雪の時も 晴れの時もずっと隣にいた

00:01:55
そう愛しているんだ君のことを もう逃げない
よ全部今日で終いにしよう

00:02:04
彼女を

00:02:06
抱きしめてやれたら この冷たい海の上で舟を
漕ごう

00:02:12
この愛ひとつで君を攫ってしまえるなら

00:02:17
波に飲まれる前に伝えなくちゃ 伝えなくちゃ
伝えるんだ ねえ

この曲の関連記事

人気順
1
歌い手やボカロ

冷めた眼 波打ち際 このままこの海に抱きしめ

られたい

そう言う君は波の隙間縫うように一つ僕に息を

吐いた

2
歌い手やボカロ

きっと僕は死んでしまったんだ

食べるものにはまるで味がないみたいだ

きっと僕は死んでしまったんだ

母親の愛をまるで感じないんだ

3
歌い手やボカロ

冷めた眼 波打ち際

このままこの海に抱きしめられたい

そう言う君は波の隙間

縫うように一つ僕に息を吐いた

4
J-Pop

僕の夢はギターを持って歌を歌う

そして歌で幸せを願う

君が泣いたって吐いたって笑っていても

すぐそばでそっと見守ってるような

人気順
1
歌い手やボカロ

芯の髄から腐ってる 空想由来につき

頭ごなし いじけてる いつも暗い脳裏

「あたしのこと見てほしい」それは罪深くて

清潔な部屋で餓死する蝿の王になればいいのさ

2
歌い手やボカロ

「僕の命の歌で君が命を大事にすればいいのに」

「僕の家族の歌で君が愛を大事にすればいいの

に」

そんなことを言って本心は欲しかったのは共感

3
歌い手やボカロ

一つ二つと歳を重ねて 外面だけは大人になっ

毎日が何時も くだらなさ過ぎて笑えないや

一歩でも三歩でも 前に進めば何かが変わる

4
歌い手やボカロ

みんなどっか行っちゃったよ

零(ゼロ)になっちゃって ざまぁないね

信じてたいから 声に出すのはやめた

愛されたいのはどうして