泡沫の夢に消えた - 晨(しん) ft. 初音ミク の歌詞


お気に入り
00:00:00
歌詞をタップするとそこから再生されます

00:00:27
暮れる赤 照らされた世界で

00:00:31
吐き出した声は 唄になる

00:00:35
「このままで消えなかったらな」なんて

00:00:39
分かりたかった僕だって
それでも縋りついたのは

00:00:46
ここで今 生きる意味を見たくて

00:00:50
色褪せるこの空のように
僕の目もいつか夢を捨てる

00:00:58
このままどこまで 行けるだろうか

00:01:03
朽ち果てるあの街のように
切り捨てた過去は明日に溶けて

00:01:10
泡沫の夢になる 花を揺らして

00:01:41
繋いだ息は消え去って ここでまだ光は眠る

00:01:48
白む空 吐き出した声は 唄になる

00:01:54
忘れたかった日々だって
描いて刻みつけたのは

00:02:00
ここでまだ 生きる意味を見せたくて

00:02:05
傷を伝うこの夜を越えて
言葉はまだ今も音を紡ぐ

00:02:13
このままどこまで 残るだろうか

00:02:17
淡い夢も ここにある今日も 掠れていく
いつか熱に溶けて

00:02:25
泡沫の夢になる 花を散らして

この曲の関連記事

人気順
1
歌い手やボカロ

交差線上で視線を感じる 娑婆の裏で冗談

灰色混じりの溜息 我楽多 この隘路に放れ

彷徨っては壁にあたる 傷だらけで今日も

有象無象街 塵の花

2
歌い手やボカロ

(back to the history and remember when I

was born)

何もない砂場飛び交う雷鳴

しょうもない音で掠れた生命

3
歌い手やボカロ

柔らかい夢 騒がしい音

僕は独り 毛づくろいしてた

赤い 青い 暗い 寒い場所

真実さえ 見えなくなった

4
歌い手やボカロ

ナンセンスな毎日を

卑しめて慰めた

切り取って貼り付ける

繰り返しループする生活

人気順
1
歌い手やボカロ

暮れる赤 照らされた世界で

吐き出した声は 唄になる

「このままで消えなかったらな」なんて

分かりたかった僕だって