夜桜 - あほの坂田, まふまふ の歌詞


お気に入り
00:00:00
歌詞をタップするとそこから再生されます

00:00:30
「友達」じゃ 少しだけ足りない

00:00:37
距離感が 心地よいのはなぜ?

00:00:44
「ひとりでも構わない」と 強がりの

00:00:49
ふたひらが落ち合う 弥生の月夜

00:00:57
もしも同じ詰襟ならば

00:01:01
違う未来があったかな なんて

00:01:05
照れくさい話は 似合わないまま

00:01:10
桜が咲いた

00:01:17
ひとりきり泣いた 声が重なって

00:01:24
ふたりで笑えた あれから何年だっけ

00:01:31
赤白合わせて 色づく夜桜

00:01:37
指切りは一度きりれも

00:01:42
ずっと友達でいよう

00:01:59
水たまり つまずいて転んだ

00:02:06
その先に花あかりが灯る

00:02:13
あれこれと 不器用なこの右手も

00:02:18
君のことくらいは起こせるからさ

00:02:26
例えばの話 口にするけれど

00:02:32
その先に続く 変わらない今日だった

00:02:39
赤白合わせて 色づく夜桜

00:02:46
さよならで生まれ変わっても

00:02:50
きっと友達でいよう

00:03:08
間違った数だけ 手叩いて

00:03:11
笑い飛ばせるような ボクラでいよう

00:03:14
それでいいんだと今更知った

00:03:18
この手だけは放さないように

00:03:31
ひとりきり泣いた 声が重なって

00:03:37
ふたりで笑えた あれから何年だっけ

00:03:44
赤白合わせて 色づく夜桜

00:03:51
指切りは一度きりれも

00:03:56
ずっと友達でいよう

00:04:13
ひとつだけ言わせてよ

00:04:16
君に会えてよかった

00:04:19
桜舞う

この曲の関連記事

人気順
1
歌い手やボカロ

「友達」じゃ 少しだけ足りない

距離感が 心地よいのはなぜ?

「ひとりでも構わない」と 強がりの

ふたひらが落ち合う 弥生の月夜

人気順
1
歌い手やボカロ

An anecdote some of you might heard of is

僕の無意識に入り込んだこの逸話を

intruding into my subconsciousness...

何人かはもう聞いたことがあるかもしれない

2
J-Pop

汗ばむ温度を風に乗せて

この夏最後の花火を見るんだ

夕日の影が夜を連れた

この夏最後のボクらの夢

3
アニソンやゲーム

ただ 変わらない日々を求め

ただ 譲れないものを守り

交えた夢を行く先を 静寂が包み込んでいく

そして色めく群衆の声

4
歌い手やボカロ

夕暮れを過ぎても とりとめのない無駄話

出会った頃から ずっと変わらない 鼻にかかる

背が高くていいけど 足元 見えづらくなるでしょ