アンヘル - かいりきベア ft. まふまふ の歌詞


お気に入り
00:00:00
歌詞をタップするとそこから再生されます

00:00:18
ドクドク交わって たちまちコンニチハ

00:00:20
あはははは たたた誕生日

00:00:23
続々患って 目の縁 濡れても 幸せです

00:00:27
生きているなら ほら!

00:00:29
ケセラ ケセラ ケセラ

00:00:33
誰にも頼んだ覚えはなくとも

00:00:36
あはははは 産んでもらえて

00:00:39
ジクジク痣になって 抉れ 血漏れても 幸せで

00:00:43
生きているから ほら!

00:00:45
ケセラ ケセラ ケセラ ラララララ

00:00:54
紅く咲いた 功徳の刃 存在の意義を 翳せ 翳せ

00:00:59
従僕の業 囚獄の果てに くだらぬ命 紡げ 紡げ

00:01:07
嗚呼

00:01:07
決壊 シニカルって 1 2 3

00:01:10
辛いでしょ? 必死になって生 生 生 生

00:01:12
切開 ココロ縫って 2 2 3

00:01:15
ガラクタな未来 照らせ照らせ

00:01:28
目測誤って たちまちコンニチハ

00:01:31
あはははは 膿んで堪えて

00:01:33
泣く泣く躊躇って「生きる」を選べば 幸せで

00:01:37
この世(ここ)は楽園 ほら!

00:01:39
ケセラ ケセラ ケセラ ラララララ

00:01:44
紅く裂いた 背徳の絵画 存在の義理を 果たせ
果たせ

00:01:50
従僕の業 冒涜の末に 僅かな希望(ひかり)求め
求め

00:01:58
嗚呼

00:01:59
決壊 シニカルって 1 2 3

00:02:01
辛い裂傷 躍起になって生 生 生 生

00:02:04
失態 泥被って 2 2 3

00:02:06
空っぽな未来 晒せ 晒せ

00:02:08
嗚呼 決壊 真っ赤な傷 1 2 3

00:02:11
踏まれたって蹴られたって生 生 生 生

00:02:14
実際 ココロ散って 2 2 3

00:02:17
ガラクタな自分 隠せ 隠せ

00:02:30
此の灯に万歳三唱 孤独に存在一生

00:02:33
その苦に異論提唱 御託は論外殺傷

00:02:35
此の身に纏う病状 奈落に惑う表情

00:02:38
悴む劣化な状況 届かぬ救命損傷

00:02:41
その身で見物万象 皮肉の混在立証

00:02:43
偽善の横行現象 滅びの生存競争

00:02:46
たかだか人生百年 誰もが辿る終焉

00:02:48
そのくせ生きる執念 飽くなき矛盾に呆然

00:02:54
欠陥 肢体這って 1 2 3

00:02:57
辛い惨状 出口すら無い無い無いな

00:02:59
結滞 悪化な心臓 2 2 3

00:03:02
痛いでしょ? ほらほら…

00:03:06
嗚呼

00:03:07
決壊 シニカルって 1 2 3

00:03:09
辛いでしょ? 必死になって生 生 生 生

00:03:11
切開 ココロ縫って 2 2 3

00:03:14
ガラクタな未来 照らせ照らせ

00:03:16
嗚呼 でっかい真っ赤な×点 1 2 3

00:03:19
踏まれたって穢れたって生 生 生 生

00:03:22
実際 ココロ散って 2 2 3

00:03:25
ガラクタな未来 照らせ照らせ 晒せ 晒せ 壊せ
壊せ

この曲の関連記事

人気順
1
歌い手やボカロ

足りないもの なーんだ 僕らの人生

正解どこなんだ 探せよ探せ

例外ない 二進も三進も 零下以内なら

劣化以外ない

2
歌い手やボカロ

ぐるぐるりって渦巻いた

罵声 多勢 無勢になって

ぐちゃぐちゃ言って汚してく

ぱっぱっぱーのぱっぱっぱぱ

3
歌い手やボカロ

アアア…足りないもの なーんだ? 僕らの人生

正解どこなんだ 探せよ探せ

(例外ない 二進も三進も

零下以内なら 劣化以外ない)

4
歌い手やボカロ

例外ない未来 画いて 想定内 無駄砕いて

理に適うセオリー

異論無い 先向かって

懸念無い 指数刻んで 地に着くカテゴリー

人気順
1
歌い手やボカロ

いつの日か 忘れていく

ここにいること いれたこと

ここからとおせんぼ 内緒話をしよう

ほらいつかはひとりぼ 涙隠して

2
アニソンやゲーム

果てしない悲哀の環状線 奪い合いの連鎖

終幕はどこで見られるだろう

命を預けた天秤は推定無罪を要して

その正義も 猛る勇姿も 不用品となってしまっ

3
歌い手やボカロ

ちーん

1.2. 1.2.1.2.さん.しー

かまってちょーだい

かまってちょーだい

4
歌い手やボカロ

An anecdote some of you might heard of is

僕の無意識に入り込んだこの逸話を

intruding into my subconsciousness...

何人かはもう聞いたことがあるかもしれない