flos - R Sound Design ft. 初音ミク の歌詞


お気に入り
00:00:00
歌詞をタップするとそこから再生されます

00:00:02
Daphne(ダフニー) Ficus(フィークス)
Iris(アイリス) Maackia(マーキア)

00:00:06
Lythrum(リスラム) Myrica(ミリカ)
Sabia(サビア)

00:00:10
Flos(フロース)

00:00:27
拝啓

00:00:28
僕の願いよ 未来よ 絶え間無い後悔よ

00:00:35
体感八度五分の夢は軈て散ってしまった

00:00:43
Daphne(ダフニー) Ficus(フィークス)
Iris(アイリス) Maackia(マーキア)

00:00:47
Lythrum(リスラム) Myrica(ミリカ)
Sabia(サビア)

00:00:51
Thymus(サイマス) Ribes(リベス)
Abelia(アベリア) Sedum(セダム)

00:00:55
Felicia(フェリシア) Ochna(オクナ)
Lychnis(リクニス)

00:01:00
再啓

00:01:00
君の想いは 憂いは回る感情論は

00:01:08
半径八十五分の世界に囚われた儘

00:01:15
本音を挿し罅割れた今日を溢れた

00:01:21
一切に薪を焼べて風に乗せて錆びた空を彩る

00:01:32
燻んだ日々を丁寧に

00:01:36
飾った花は直ぐに枯れてく

00:01:40
愚鈍な僕は夢から覚めて

00:01:44
縋った意味も無いな

00:02:04
君が僕にくれた声も色も揺るぎない愛情も

00:02:12
二人きりの空に光った星も疾うに散ってしまっ

00:02:20
難儀の末のモノクロの疲弊に季節は色褪せて

00:02:28
熱を帯びて鈍く膿んで擦れた街に零れる

00:02:37
荒んだ日々を丁寧に

00:02:41
辿った先に花が咲く筈

00:02:45
利口な君は夢を見た儘

00:02:49
悟った振りで水を注いだ

00:03:09
木漏れ日の中に柔らかく咲いた花は

00:03:17
雲の上で 違う星で 夢の先で揺れてる

00:03:26
燻んだ日々を丁寧に

00:03:30
飾った花は直ぐに枯れてく

00:03:34
愚鈍な僕は夢から覚めて

00:03:38
縋った意味も無いな

00:03:42
不毛な日々を丁寧に

00:03:46
綴った紙に花を描いた

00:03:50
不遇な僕ら夢に敗れて

00:03:54
誓った筈も無かった事にした

00:03:58
Daphne(ダフニー) Ficus(フィークス)
Iris(アイリス) Maackia(マーキア)

00:04:02
Lythrum(リスラム) Myrica(ミリカ)
Sabia(サビア)

00:04:07
Thymus(サイマス) Ribes(リベス)
Abelia(アベリア) Sedum(セダム)

00:04:11
Felicia(フェリシア) Ochna(オクナ)
Lychnis(リクニス)

00:04:15
Daphne(ダフニー) Ficus(フィークス)
Iris(アイリス) Maackia(マーキア)

00:04:19
Lythrum(リスラム) Myrica(ミリカ)
Sabia(サビア)

00:04:23
Thymus(サイマス) Ribes(リベス)
Abelia(アベリア) Sedum(セダム)

00:04:27
Felicia(フェリシア) Ochna(オクナ)
Lychnis(リクニス)

00:04:30
Flos(フロース)

この曲の関連記事

人気順
1
歌い手やボカロ

頽廃的都市構想

浮ついた世のシーンでメロウに

雑踏の中息衝いたTrap ChiptuneとNeon アラカ

ルト

2
歌い手やボカロ

Daphne(ダフニー) Ficus(フィークス)

Iris(アイリス) Maackia(マーキア)

Lythrum(リスラム) Myrica(ミリカ)

Sabia(サビア)

3
歌い手やボカロ

月曜八時 揺り籠はカタカタ

街は右手に流れ消える

忙しい日々に僕はもうクタクタ

次の惑星まで眠る

4
歌い手やボカロ

柔らかな翅を夜空に浮かべて

冷たい空気に身体を預けて

欲しいものなんて1つも無いのさ

この夜が流れてく

人気順
1
歌い手やボカロ

モノクロで劇的な渚のマイウェー

論理的な言葉がやけに疲れて

リアリティーだけ切り取ったその姿

僕の視界まで 君だけが加速してゆくの

2
歌い手やボカロ

45秒で何ができる?

45秒で何ができる?

君の事を考える事!!

45秒で何ができる?

3
歌い手やボカロ

妙に暑い夜です

今日も寝れない夜が

寝ても覚めない夜が

僕を昨日に閉じ込めるんだ

4
歌い手やボカロ

あの日の景色にまた漕ぎ出せば

揺れ色重ね発つ日に浮かべた

夏の音に引かれて振り返る度

あの日の君が笑う