雪の華 - 中島美嘉 ft. 花たん の歌詞


お気に入り
00:00:00
歌詞をタップするとそこから再生されます

00:00:33
のびた人陰(かげ)を舗道にならべ

00:00:39
夕闇のなかを君と歩いてる

00:00:46
手をつないでいつまでもずっと

00:00:53
そばにいれたなら 泣けちゃうくらい

00:01:00
風が冷たくなって 冬の匂いがした

00:01:14
そろそろこの街に 君と近付ける季節がくる

00:01:27
今年、最初の雪の華を ふたり寄り添って

00:01:37
眺めているこの瞬間(とき)に 幸せがあふれだ

00:01:45
甘えとか弱さじゃない ただ、君を愛してる

00:01:54
心からそう思った

00:02:11
君がいるとどんなことでも

00:02:18
乗りきれるような気持ちになってる

00:02:24
こんな日々がいつまでもきっと

00:02:31
続いてくことを祈っているよ

00:02:39
風が窓を揺らした 夜は揺り起こして

00:02:52
どんな悲しいことも 僕が笑顔へと変えてあげ

00:03:06
舞い落ちてきた雪の華が 窓の外ずっと

00:03:15
降りやむことを知らずに 僕らの街を染める

00:03:23
誰かのためになにかを したいと思えるのが

00:03:32
愛ということを知った

00:03:39
もし、君を失ったとしたなら

00:03:46
星になって君を照らすだろう

00:03:52
笑顔も涙に濡れてる夜も

00:03:59
いつもいつでもそばにいるよ

00:04:09
今年、最初の雪の華を ふたり寄り添って

00:04:19
眺めているこの瞬間(とき)に 幸せがあふれだ

00:04:27
甘えとか弱さじゃない ただ、君とずっと

00:04:35
このまま一緒にいたい 素直にそう思える

00:04:43
この街に降り積もってく 真っ白な雪の華

00:04:52
ふたりの胸にそっと想い出を描くよ

00:04:59
これからも君とずっと…

この曲の関連記事

人気順
1
J-Pop

僕が死のうと思ったのは

靴紐が解けたから

結びなおすのは苦手なんだよ

人との繋がりもまた然り

2
J-Pop

もしもあの春にあなたと出逢わなければ

舞い散る花びらはただ白く見えていたでしょう

か?

もしもあの夏を二人で過ごさなければ

3
J-Pop

泣いたのは僕だった

弱さを見せないことが そう

強い訳じゃないって君が

言っていたからだよ

4
歌い手やボカロ

のびた人陰(かげ)を舗道にならべ

夕闇のなかを君と歩いてる

手をつないでいつまでもずっと

そばにいれたなら 泣けちゃうくらい

人気順
1
歌い手やボカロ

「ねぇこっちおいでよ…なんて」

「えーっと、聞こえてますよ…なんて」

1,2,3,4!

「もう冬ですね」「そうクリスマス」

2
歌い手やボカロ

ふいに降り出す雨の音

声をあげて鳴く雲たち

どうしてだろう

あなたのいない日々は 慣れたはずなのに

3
歌い手やボカロ

さよならと切り出した 君のくちびるslow

motion

なにも思い出したくない あの日の空も 優しい

声も

4
歌い手やボカロ

形のない気持ち忘れないように

決まりきったレイアウトを消した

ふと口ずさんだフレーズを掴まえて

胸に秘めた言葉乗せ空に解き放つの