恋の始まる方程式 - After the Rain, まふまふ, そらる の歌詞


お気に入り
00:00:00
歌詞をタップするとそこから再生されます

00:00:23
解いたら結べない そんな距離感が怖くて

00:00:34
臆病なネクタイと掛け違えたボタン

00:00:44
曖昧な気持ちに 色を入れたのは春先

00:00:55
制服の裾を直し 振り返る君だった

00:01:06
不安未満の穴ひとつ

00:01:10
群青色の空が広がる綻び

00:01:19
「好きになっちゃいけないんだ。」

00:01:24
それは恋が始まる方程式

00:01:30
消しゴムでこすれない思い出には

00:01:36
いつでも 君がいたことに気づいた

00:01:59
買い足したはずでも 赤いクレヨンだけなくて

00:02:10
この気持ちは何だっけ? 名前は何だっけ?

00:02:15
透明なままにしていた

00:02:20
もしもばかりを数えては

00:02:25
過ぎ去る今日と書き込めずいる問一

00:02:34
足し引きじゃ治まらない

00:02:38
心は最難関のテスト

00:02:44
口に出す一秒で

00:02:49
「これから先」「これまで」

00:02:52
変えてしまうなんて

00:02:57
他愛ない話が響く放課後

00:03:03
夕日を手招く静寂とカーテン

00:03:08
何気ないことに脈打つ心

00:03:14
きっと ボクも知らずに

00:03:19
あの日から恋していたんだ

00:03:32
教科書には記されない この問いだけの解答

00:03:45
「好きになっちゃいけないんだ。」

00:03:49
それは恋が始まる方程式

00:03:55
解答のわからない思い出には

00:04:02
いつでも君がいたことに

00:04:08
好きだってことに

00:04:12
気づいた

この曲の関連記事

人気順
1
歌い手やボカロ

ボクも透明な空が 青く見えるはずなのに

不確かなココロも 君がくれた愛も

取りこぼしてしまう ボクには エラーを為す存

2
歌い手やボカロ

解いたら結べない そんな距離感が怖くて

臆病なネクタイと掛け違えたボタン

曖昧な気持ちに 色を入れたのは春先

制服の裾を直し 振り返る君だった

3
歌い手やボカロ

絶対ダメ はなれてあげない

断然やめないのやめない

君とボクは友だち未満 右まわって溺愛中

かごめかごめ この指ほまれ! おびきだすのだ

4
歌い手やボカロ

初夏のパレード 潮風の背

海のクレープ はじけた夢

ちょっとだけ得意気に 君を誘うんだよ

飛沫あげて 飲み込む夏が

人気順
1
歌い手やボカロ

ボクも透明な空が 青く見えるはずなのに

不確かなココロも 君がくれた愛も

取りこぼしてしまう ボクには エラーを為す存

2
歌い手やボカロ

かじかんだ手を重ね合わせた ゼロキョリ感情

見透かして 僕の真ん中 冷えた熱に刺さる

ひどい言葉の その手の裏の裏まで 君に教えた

げるよ

3
歌い手やボカロ

ゆれる街灯 篠突く雨

振れる感情 感覚のテレパス

迷子のふたりはコンタクト

ココロは恋を知りました

4
歌い手やボカロ

解いたら結べない そんな距離感が怖くて

臆病なネクタイと掛け違えたボタン

曖昧な気持ちに 色を入れたのは春先

制服の裾を直し 振り返る君だった

人気順
1
歌い手やボカロ

どれだけ歩めども 道はなく

彷徨うは千里先

それが人の世だと 笑う君だったんだ

然れど散りゆく定め

2
歌い手やボカロ

An anecdote some of you might heard of is

僕の無意識に入り込んだこの逸話を

intruding into my subconsciousness...

何人かはもう聞いたことがあるかもしれない

3
歌い手やボカロ

歡迎來到桃源鄉

(フェアン イニン ライダオ タウゲンショオ)

四季の芽吹いた華胥(かしょ)の国

果ても知らずに絢爛に

4
歌い手やボカロ

小さな箱庭からボクは

君の目にどう映るの

どう見えるの

寝静まる夜の中 毛布の包む中