猛独が襲う - まふまふ ft. ゆきむら。 の歌詞


お気に入り
00:00:00
歌詞をタップするとそこから再生されます

00:00:27
適当に生きても息は続く
誰かに寄りかかり生きている

00:00:33
支えが消えても息が続く
次の拠り所に身を寄せる

00:00:52
使い捨てじみた繋がりとか
その場限りの関係だとか

00:00:58
何かが違うと嘆いてみて
何も分からずにいるんだって

00:01:04
誰が何と言ったって 僕はずっとこんなんで

00:01:10
切れた縁の端に目を伏せたの

00:01:16
寂しがって泣いたって 誰も知らないんだって

00:01:22
また猛独が襲う

00:01:41
誰かの気持ちを無碍にしては
誰かに縋りながら生きてる

00:01:47
その度とぐろを巻く罰がさ
胸を締め付けて牙を立てる

00:01:53
気が付かぬ間に「独」が回る
心だけ気付いて寂しがる

00:01:59
痺れる様な苦しみの中で
「一人」の無力に沈んだんだ

00:02:05
誰に何と言ったって もう戻れないんだって

00:02:11
「面倒だ」なんて手放した事さえ

00:02:17
例え何度泣いたって 届きはしないんだって

00:02:23
心にひびが走る

00:02:42
壊れぬ様に 壊さぬ様に
未熟な手で守ってたのにね

00:02:55
些細な感情で力んじゃったりして
握り潰していたんだろう

00:03:07
膝を抱いて泣いたって
変わりはしないんだって

00:03:13
静かな部屋に響く嗚咽さえも

00:03:19
夜が飲み込んだって 月が照らしたって

00:03:25
消えない 消えない 消えない事実だけ見て

00:03:31
癒えない 言えない隠していた声を僕を

00:03:37
猛独が襲う

この曲の関連記事

人気順
1
歌い手やボカロ

An anecdote some of you might heard of is

僕の無意識に入り込んだこの逸話を

intruding into my subconsciousness...

何人かはもう聞いたことがあるかもしれない

2
歌い手やボカロ

歡迎來到桃源鄉

(フェアン イニン ライダオ タウゲンショオ)

四季の芽吹いた華胥(かしょ)の国

果ても知らずに絢爛に

3
歌い手やボカロ

帰りの道は染み込む青 落として

黄昏空に 紅を点した横顔

赤いかんざし 手招くままに

未だ慣れぬ差し下駄履いて

4
歌い手やボカロ

僕の知らないところで誰か

僕を見かけた噂した

君の見ていたものは全て

笑っちゃうような冗談だ

人気順
1
歌い手やボカロ

適当に生きても息は続く

誰かに寄りかかり生きている

支えが消えても息が続く

次の拠り所に身を寄せる

2
歌い手やボカロ

人を過度に信じないように

愛さないように期待しないように

かと言って角が立たないように

気取らぬように目立たぬように

3
歌い手やボカロ

足りないもの なーんだ 僕らの人生

正解どこなんだ 探せよ探せ

例外ない 二進も三進も 零下以内なら

劣化以外ない