ニビイロドロウレ - ツミキ ft. 鏡音リン の歌詞


お気に入り
00:00:00
歌詞をタップするとそこから再生されます

00:00:17
伽藍堂の今日に捩込むスコーピング

00:00:20
猿のエス・オウ・エスはもう濁声と化している

00:00:23
気附いて居るのだ疾うに 其れも壹瞬に

00:00:27
擬物の愛等、蹴飛ばして仕舞え

00:00:30
「愛している?」

00:00:37
腐乱するストーリイ 雨曝ロンリイ

00:00:40
感の六ヶ目は空を叮嚀に舞っている

00:00:43
ポケットの自由に 詰込むブルウジー

00:00:47
睨合って消えて行った春の様だった

00:00:50
夢の中、人間様の此の瞳孔が総てを知ったって

00:00:54
道徳観を如何解くか等、説く君は誰だっけ

00:00:57
約百年弱の短編小説、細胞膜から墓場迄

00:01:00
鈍い針で痛み出すミュージック

00:01:03
踊れ舞えや 僕の美学 一切 撃抜いて

00:01:09
然すれば世界は一つになって
感覚も無くなって
喜劇は幕を閉じる

00:01:16
朝が来たら 夢から覚めて さあ貫いて

00:01:23
滲む春は宙を泳いで 鈍色に変って
此の願いは慥かに叶うのさ

00:01:30
[間奏]

00:01:43
摩天楼の様に蔓延るハプニング

00:01:47
檸檬サイダーが脳に緊と粘いている

00:01:49
ブランコウは妙に揺れる慎重に

00:01:53
錆びた鉄は俎上の僕の様だった

00:01:56
夢の中、人間様の此の中枢が総て判ったって

00:02:00
恫喝達に如何勝つか等、問う僕は何だっけ

00:02:03
約百年弱の短編小説、
カービンナイフから菜箸迄

00:02:07
鈍い愛で痛み増すミュージック

00:02:09
踊れ舞えや 僕の美学 一切 撃抜いて

00:02:16
然すれば世界は一つになって
感覚も無くなって
喜劇は幕を閉じる

00:02:22
朝が来たら 夢から覚めて さあ貫いて

00:02:29
滲む春は宙を泳いで 鈍色に変って

00:02:33
此の願いは慥かに叶うのさ

00:02:36
[間奏]

00:02:54
夢の中、人間様の此の瞳孔は何にも知らないね

00:02:58
道徳観を如何解くか等、誰も判らないね

00:03:01
約百年弱の短編小説、細胞膜から墓場迄
鈍い体で痛み合うミュージック

00:03:09
踊れ舞えや 僕の美学 一切 撃抜いて

00:03:15
然すれば世界は一つになって
感覚も無くなって
喜劇は幕を閉じる

00:03:22
朝が来たら 夢から覚めて さあ貫いて

00:03:29
滲む春は宙を泳いで 鈍色に変って
此の願いは静かに消るのさ

この曲の関連記事

人気順
1
歌い手やボカロ

伽藍堂の今日に捩込むスコーピング

猿のエス・オウ・エスはもう濁声と化している

気附いて居るのだ疾うに 其れも壹瞬に

擬物の愛等、蹴飛ばして仕舞え

2
歌い手やボカロ

生活は苦悩の推敲。其れ何れも此れも水葬。

不愉快は食道を逆行、早く誰か僕に罰を。

僕は身分を持たない分身、出演の出来ない演出。

指に灯った静電気の様な、そんな滑稽なルウザー。

人気順
1
歌い手やボカロ

さあ 眠眠打破 昼夜逆転 VOX AC30W

テレキャスター背負ったサブカルボーイがバン

ド仲間にやっほー

アルバイトはネクラモード

2
歌い手やボカロ

劣等上等 BRING IT ON

列島上々 不眠日本

子供騙しのマセマティカ

バレてんだってそんなのって

3
歌い手やボカロ

「昨日人を殺したんだ」

君はそう言っていた。

梅雨時ずぶ濡れのまんま、部屋の前で泣いてい

た。

4
歌い手やボカロ

ねえ もう暗くなりそうだから

デちゃってもいいかしら?

ちょっとね 魔法にかけられた

キミのお菓子から食べちゃうぞ