おどりゃんせ - ユリイ・カノン ft. 初音ミク, GUMI の歌詞


お気に入り
00:00:00
歌詞をタップするとそこから再生されます

00:00:24
さあ天国まで堕落しよう

00:00:27
鬼さんこちら ほら手の鳴る方へ

00:00:30
とどのつまり 革命アジェンダ

00:00:33
それじゃあ待った無しでこの指とまろうか

00:00:47
ここは誰? 私はどこ?

00:00:50
リマインド 心像 前世 迷い込む廃都

00:00:53
あれもこれも アンニュイな夜に

00:00:55
初期衝動 六感 音相 感情を鳴らせ

00:00:58
どうすりゃここは満たされる?

00:01:00
また吸って吐いて食って減って足りないや

00:01:03
行きはよいよい帰りはこわい

00:01:06
なら果てるまで振り向かず進もうか

00:01:09
誰も彼も皆 おどりゃんせ

00:01:12
さあ 舞台に上って狂って舞って手を叩け

00:01:15
意のまま無我夢中に おどりゃんせ

00:01:17
嗚呼 嘆いていたって明日は待ってくれない

00:01:20
ほらほら猫も杓子も おどりゃんせ

00:01:23
もう しっちゃかめっちゃかてんてこまいで血
を流せ

00:01:26
形振りかまわないで おどりゃんせ

00:01:28
いま この世の終わりが訪れたってかまわない

00:01:54
好きも嫌いも 本当も嘘も

00:01:57
その煩悩 本能 全部を声にして示せ

00:02:00
あれやこれや ナンセンスなのさ

00:02:02
代償無い情を頂戴 有り余る程に

00:02:05
どうにもできず陽は沈む

00:02:08
もう何もないのなんて泣いてニヒリズム

00:02:10
生きる理由も生まれた意味も

00:02:13
このすっからかんな頭じゃわかりゃしない

00:02:16
来世を夢見たって現在は現世

00:02:19
ただ 寝ていりゃ果報は来るって待ってくたばっ

00:02:22
井の中の蛙は知らぬまま

00:02:24
底から這い上がって眼に映せ世界を

00:02:27
このままいっそ逝く日まで おどりゃんせ

00:02:30
さあ 命を奏でて 綾なす生と死を謳え

00:02:33
神様もこの際 おどりゃんせ

00:02:35
いま いろはにほへとにちんとんしゃんで

00:02:37
ダンスダンスダンスダンス

00:02:39
誰も彼も皆 おどりゃんせ

00:02:41
さあ 舞台に上って狂って舞って手を叩け

00:02:44
意のまま無我夢中に おどりゃんせ

00:02:47
嗚呼 嘆いていたって明日は待ってくれない

00:02:50
ほらほら猫も杓子も おどりゃんせ

00:02:52
もう しっちゃかめっちゃかてんてこまいで血
を流せ

00:02:55
形振りかまわないで おどりゃんせ

00:02:58
いま この世の終わりが訪れたってかまわない

00:03:01
さあ わんつーさんしで新時代を おどりゃんせ

この曲の関連記事

人気順
1
歌い手やボカロ

たなびく雲のその向こうに 虹の橋って場所が

あるらしい

キミは今そこにいるかな? 喉を鳴らして眠って

るかな

2
歌い手やボカロ

思い通りにいかないことだらけ

どうしようもなく 自己嫌悪

八百万の 痛みや 悲しみから

逃げ込める場所を 探してる

3
歌い手やボカロ

真面目な恋の物語

本気のゲームじゃない好き

イジワルな出会いは二人の心を揺らした

ツンとして釣れないトゲトゲなお嬢さん

4
歌い手やボカロ

何が嫌って その顔が

その心が 消えないのが

ありもしない 妄想を並べ

君は僕の中、未だ生きてる

人気順
1
歌い手やボカロ

さあ天国まで堕落しよう

鬼さんこちら ほら手の鳴る方へ

とどのつまり 革命アジェンダ

それじゃあ待った無しでこの指とまろうか

2
歌い手やボカロ

「こんな世界」と嘆くだれかの

生きる理由になれるでしょうか

これは僕が いま君に贈る

最初で最期の愛の言葉だ

人気順
1
歌い手やボカロ

死に急ぐ者たちを両手で馬鹿にしたのは

裂傷が霧になり舞い散る街で耳を塞ぐのは

僕はもうこの世界に見捨てられたような気がし

たから

2
歌い手やボカロ

繁華街地下場末のバーは

ボンクラ酔いどれ自称非凡人

使い捨てしたいクズと

されたい輩にて大繁盛

3
歌い手やボカロ

本能が狂い始める

追い詰められたハツカネズミ

今、絶望の淵に立って 踏切へと飛び出した

そう 君は友達 僕の手を掴めよ

4
歌い手やボカロ

交差線上で視線を感じる 娑婆の裏で冗談

灰色混じりの溜息 我楽多 この隘路に放れ

彷徨っては壁にあたる 傷だらけで今日も

有象無象街 塵の花