星の光が届くまで - 黒うさP ft. 96猫 の歌詞


お気に入り
00:00:00
歌詞をタップするとそこから再生されます

00:00:20
春のようなキミの体温 忘れてしまうかな?

00:00:26
澄ました声は 強がりもあって

00:00:34
それはきっとトゲになるんだ 胸を軋ませて

00:00:40
知らないまま抜けなかった

00:00:47
「 話せば長くなるよ」

00:00:51
逃げ道を作って 目を塞いだ

00:01:01
自分自身が嫌になって

00:01:04
泣きたくなるんだ

00:01:08
そんな日々が積もっていたから

00:01:18
願いはただ 傍にいたくて

00:01:21
独りよがり だから、判ってる

00:01:26
本当はその手に触れたかった

00:01:32
君の声が扉を叩き

00:01:35
この夜空に散りばめられた光

00:01:41
今になって大事だって思うんだ

00:01:46
darlin’ darlin’

00:02:06
歩き出して距離を数えて

00:02:10
それすら意味なって

00:02:13
なかった事が悲しくなるんだ

00:02:20
だって何度見上げたって

00:02:23
小さいな光が優しいそうに「ボクはいるよ」っ
て笑って

00:03:22
キミにとっての一輪のバラは 何処にいっても

00:03:35
ボクにとっての笑顔に変わるよ

00:03:42
そしてそれを世界へ振りまき

00:03:56
想いはほら時間をこえて

00:03:59
どんな距離もゼロに変わるから

00:04:04
心が届けばそれでいいや

00:04:09
いつかボクが光になって

00:04:13
くれたものを誰かにあげたい なんて

00:04:19
今になって今になって思うんだ

00:04:24
darlin’ darlin’

00:04:29
darlin’ darlin’ darlin’

この曲の関連記事

人気順
1
歌い手やボカロ

偶然からはじまる 必然の一場面(ワンシーン)

遠くに見えたのは 揺れる赤色

不思議な森の奥で 見つけた黒い影と

何かが始まる予感、怖くて逃げ出した

2
歌い手やボカロ

思い立ったらいつだって

ドンキホーテで待ち合わせ

ドカンとあふれる 夢を買いましょ

気分は宝探しだね

3
歌い手やボカロ

ごめんね 素直になれなくて

大好きだよなんて言えたらいいのにな

ありがとう 私を産んでくれて

あなたの子供に生まれて 幸せです

4
歌い手やボカロ

「ねぇこっちおいでよ…なんて」

「えーっと、聞こえてますよ…なんて」

1,2,3,4!

「もう冬ですね」「そうクリスマス」

人気順
1
歌い手やボカロ

今温もりが消えたその後で

ぼくらの願いも嘘になるならば

「行かないで」 君の声が木霊して

全てを忘れていく

2
歌い手やボカロ

春のようなキミの体温 忘れてしまうかな?

澄ました声は 強がりもあって

それはきっとトゲになるんだ 胸を軋ませて

知らないまま抜けなかった

3
歌い手やボカロ

恋愛心理学で 当てはめても ねえ解んないや

何億年前からの 常識だねって DNA

「愛してるよ」だなんて 言語→知覚→刺激→

で会話

4
歌い手やボカロ

おそれも知らずにハイカラ革命

きはめて磊落 反戦国家

日の丸じるしの自在車まろがし

物の怪調伏 逢ひし弥ゑむ(あいしびえむ)