あの夏が飽和する。 - カンザキイオリ ft. まふまふ の歌詞


お気に入り
00:00:00
歌詞をタップするとそこから再生されます

00:00:16
「昨日人を殺したんだ」

00:00:18
君はそう言ってた。

00:00:21
梅雨時ずぶ濡れのまんま、部屋の前で泣いてい
た。

00:00:25
夏が始まったばかりというのに、

00:00:29
君はひどく震えていた。

00:00:31
そんな話で始まる、あの夏の日の記憶だ。

00:00:54
「殺したのは隣の席の、いつも虐めてくるアイ
ツ。」

00:01:00
もう嫌になって、肩を突き飛ばして、

00:01:04
打ち所が悪かったんだ。

00:01:06
もうここには居られないと思うし、

00:01:09
どっか遠いとこで死んでくるよ」

00:01:11
そんな君に僕は言った。

00:01:14
「それじゃ僕も連れてって」

00:01:16
財布を持って、ナイフを持って、

00:01:19
携帯ゲームもかばんに詰めて、

00:01:22
いらないものは全部壊していこう。

00:01:27
あの写真も、

00:01:28
あの日記も、

00:01:30
今となっちゃもういらないさ。

00:01:33
人殺しとダメ人間の

00:01:36
君と僕の旅だ。

00:01:42
そして僕らは逃げ出した。

00:01:46
この狭い狭いこの世界から。

00:01:48
家族もクラスの奴らも何もかも

00:01:52
全部捨てて君と二人で。

00:01:54
遠い遠い誰もいない場所で二人で死のうよ。

00:01:58
もうこの世界に価値などないよ。

00:02:01
人殺しなんてそこら中

00:02:04
湧いてるじゃんか。

00:02:05
君は何も悪くないよ。

00:02:07
君は何も悪くないよ。

00:02:14
結局僕ら誰にも愛されたことなかったんだ。

00:02:31
そんな嫌な共通点で

00:02:33
僕らは簡単に信じあってきた。

00:02:36
君の手を握った時、微かな震えも既に無くなっ
ていて。

00:02:42
誰にも縛られないで二人

00:02:45
線路の上を歩いた。

00:02:47
金を盗んで、二人で逃げて、

00:02:50
どこにも行ける気がしたんだ。

00:02:53
今更怖いものは

00:02:56
僕らにはなかったんだ。

00:02:58
額の汗も、落ちたメガネも

00:03:01
「今となっちゃどうでもいいのさ。

00:03:03
あぶれ者の小さな 逃避行の旅だ」

00:03:13
いつか夢見た優しくて、

00:03:16
誰にも好かれる主人公なら、

00:03:19
汚くなった僕たちも見捨てずに

00:03:22
ちゃんと救ってくれるのかな?

00:03:25
「そんな夢なら捨てたよ。

00:03:27
だって現実を見ろよ。

00:03:29
シアワセの

00:03:30
四文字なんてなかった、

00:03:32
今までの人生で思い知ったじゃないか

00:03:35
自分は何も悪くねぇと

00:03:38
誰もがきっと思ってる」

00:03:48
宛ても無く彷徨う蝉の群れに、

00:03:59
水も無くなり揺れ出す視界に、

00:04:02
迫り狂う鬼たちの怒号に、

00:04:05
バカみたいにはしゃぎあい

00:04:07
ふと君はナイフをとった。

00:04:09
君が今までそばにいたから

00:04:11
ここまでこれたんだ。

00:04:13
だからもういいよ。

00:04:15
もういいよ。」

00:04:16
「死ぬのは私一人でいいよ」

00:04:27
そして君は首を切った。

00:04:30
まるで何かの映画のワンシーンだ。

00:04:33
白昼夢を見ている気がした。

00:04:36
気づけば僕は捕まって。

00:04:38
君がどこにも見つからなくって。

00:04:41
君だけがどこにもいなくって。

00:04:44
そして時は過ぎて言った。

00:04:46
ただ暑い暑い日が過ぎていった。

00:04:48
家族もクラスの奴らもいるのに

00:04:51
なぜか君だけはどこにもいない。

00:04:54
あの夏の日を思い出す。

00:04:56
僕は今も今でも歌ってる。

00:04:59
君をずっと探しているんだ。

00:05:02
君に言いたいことがあるんだ。

00:05:04
9月の終わりにくしゃみして

00:05:07
6月の匂いを繰り返す。

00:05:10
君の笑顔は

00:05:11
君の無邪気さは

00:05:13
頭の中を飽和している。

00:05:15
誰も何も悪くないよ。

00:05:18
君は何も悪くないから

00:05:21
もういいよ。

00:05:22
投げ出してしまおう。

00:05:23
そう言って欲しかったのだろう?

00:05:26
なぁ?

人気順
1
J-Pop

厚紙の箱に捨てられた 

命ならば値打ちはないか?

バス停 待合に渦巻く 見て見ぬふりの雑踏

書き損じはどうしようもないが 

2
歌い手やボカロ

An anecdote some of you might heard of is

僕の無意識に入り込んだこの逸話を

intruding into my subconsciousness...

何人かはもう聞いたことがあるかもしれない

3
歌い手やボカロ

歡迎來到桃源鄉

(フェアン イニン ライダオ タウゲンショオ)

四季の芽吹いた華胥(かしょ)の国

果ても知らずに絢爛に

4
歌い手やボカロ

きっとこの世界は

今宵限りの御伽噺さ

グラスに注いた一口でも

酔わせてしまうようなスキャンダル

人気順
1
歌い手やボカロ

愛した理由も忘れちゃって

過食気味の胸で泣いちゃって

肌の色すら見えなくなってる

自分だけ傷ついたつもりで

2
歌い手やボカロ

「僕の命の歌で君が命を大事にすればいいのに」

「僕の家族の歌で君が愛を大事にすればいいの

に」

そんなことを言って本心は欲しかったのは共感

3
歌い手やボカロ

「昨日人を殺したんだ」

君はそう言ってた。

梅雨時ずぶ濡れのまんま、部屋の前で泣いてい

た。

4
歌い手やボカロ

「死にたいなんて言うなよ。 諦めないで生き

ろよ。」

そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。

実際自分は死んでもよくて 周りが死んだら悲