ハローディストピア - まふまふ ft. 鏡音リン, 鏡音レン の歌詞


お気に入り
00:00:00
歌詞をタップするとそこから再生されます

00:00:11
ぱっぱらぱーで唱えましょう どんな願いも叶
えましょう

00:00:16
よい子はきっと皆勤賞 冤罪人の解体ショー

00:00:21
雲外蒼天ユートピア 指先ひとつのヒステリア

00:00:26
更生 転生 お手の物 140字の吹き溜まり

00:00:30
かごめかごめで大騒ぎ 火の無いところに火を
つけりゃ

00:00:35
積み木崩しの罪作り セカイ系オーライ 上々
斉唱

00:00:40
大概人生 ログアウト

00:00:42
さあ 退場 退場 消えて頂戴 掃いて捨てるよう
な夢ごと

00:00:47
穴空いたぽっけと感情は ゴミに出してしまえ

00:00:52
ここらで 問題 問題 傷つけ合って創ったもの
は何

00:00:57
御名答 ディストピア

00:01:12
ぱっぱらぱーで唱えましょう 切っては貼って
積み上げて

00:01:16
情報統制 何のその 真偽は当然 知りもしない

00:01:21
愛も不確かなユートピア こいつは確かなヒス
テリア

00:01:26
散弾銃の的当て屋 センキュー メリーバッドエ
ンド

00:01:30
破れかぶれの神気触れ 頭のネジは左巻き

00:01:35
今さら期待外れだろう 命乞いすんなよ

00:01:40
一緒に地獄へ 落ちようぜ

00:01:42
さあ 炎上 炎上 誰の惨状 沸いて遊びたいバカ
ばかり

00:01:47
手の空いたヤツから順番に 処刑台へあがれ

00:01:52
ここらで 問題 問題 ボクら手を取って守った
ものは何

00:01:57
御名答 ディストピア

00:02:16
This is fake newsさ keep out 野垂れ死に

00:02:19
大概はソースの曖昧な垂れ込み

00:02:22
蒙昧なアイロニー conflictも無いのに

00:02:26
一生 piece of cakeで とっ散らかしていろ

00:02:29
愛して 曖昧ミーにマイン

00:02:32
肯定して 先天性のノータリン

00:02:35
君とボクのフィクション描いたの?

00:02:38
妄想 誇張の現状 お手元の首輪

00:02:51
退場 退場 消えて頂戴 掃いて捨てるような夢
ごと

00:02:56
この最底辺を起爆剤で 消し飛ばしてしまえ

00:03:01
ここらで 問題 問題 傷つけ合って創ったもの
は何

00:03:06
御名答 ディストピア

人気順
1
J-Pop

帰りの道は 染み込む青 落として

黄昏空に紅を点した横顔

赤いかんざし 手招くままに

未だ慣れぬ差し下駄履いて

2
歌い手やボカロ

ねえねえ この世界を どっかでひっくり返した

くて

せいぜい 時間なんてありはしないが

まあまあ そんなんで少年少女揃いまして

3
J-Pop

帰りの道は染み込む青落として

黄昏空に紅を点した横顔

赤いかんざし手招くままに

未だ慣れぬ差し下駄履いて

4
歌い手やボカロ

初夏のパレード 潮風の背

海のクレープ はじけた夢

ちょっとだけ得意気に 君を誘うんだよ

飛沫あげて 飲み込む夏が

人気順
1
歌い手やボカロ

ぱっぱらぱーで唱えましょう どんな願いも叶

えましょう

よい子はきっと皆勤賞 冤罪人の解体ショー

雲外蒼天ユートピア 指先ひとつのヒステリア

2
歌い手やボカロ

さあ 眠眠打破 昼夜逆転 VOX AC30W

テレキャスター背負ったサブカルボーイがバン

ド仲間にやっほー

アルバイトはネクラモード

3
歌い手やボカロ

(あなたの美しさは罪です。

其の死をもって、罪を償いなさい…)

「粉雪の白、血の赤、黒檀の黒、授けて…」

女は神に願いて

4
歌い手やボカロ

終焉の大地の果て 残された子らは

頼りなく小さな手を重ねて

健やかなる時も 病める時も ただ信じて……

「共に分け合っていこう」

人気順
1
歌い手やボカロ

ぱっぱらぱーで唱えましょう どんな願いも叶

えましょう

よい子はきっと皆勤賞 冤罪人の解体ショー

雲外蒼天ユートピア 指先ひとつのヒステリア

2
歌い手やボカロ

生まれながらに特別な存在

誰かを守るって使命はどうだい

あちらこちらに山積みの問題

頼れるのは自分だけ

3
歌い手やボカロ

(あなたの美しさは罪です。

其の死をもって、罪を償いなさい…)

「粉雪の白、血の赤、黒檀の黒、授けて…」

女は神に願いて

4
歌い手やボカロ

終焉の大地の果て 残された子らは

頼りなく小さな手を重ねて

健やかなる時も 病める時も ただ信じて……

「共に分け合っていこう」