哀の隙間 - MIMI ft. 初音ミク の歌詞


オフボーカル
お気に入り
00:00:00
歌詞をタップするとそこから再生されます
オフボーカルにすることでカラオケが出来ます

00:00:28
だって答えが無いからさ

00:00:33
瞳を閉じて時を見つめてた

00:00:38
問いかけるいつかの声

00:00:42
形無く漂った隠した寂しさが

00:00:47
今日も降らした
涙と巡る輝きに

00:00:52
儚いこの日を
名付けたくはなかったんだ

00:00:56
手探りで探してる
遠くを流れて征く明日へ

00:01:01
言葉を重ねる
心が確かに在るだけ

00:01:25
無限の過去の色が

00:01:29
君を昨日に閉じ込めてしまうから

00:01:34
つらいばかり 心の中

00:01:39
が曇るくらいなら向かって征け空へ

00:01:44
蒼く響き合う
微かな不安を残しても

00:01:48
いいよってさ笑ってる
世界を忘れたくないんだ

00:01:53
気付かずに映した
星の眩しさを数えて

00:01:58
眠れぬ夜さえ
今は抱きしめて居たくて

00:02:21
知ってしまう何もない朝を

00:02:26
独りでそこで泣いている

00:02:30
密かな合図を耳にする

00:02:35
「なんで、なんで?」
問いかける声が・・・

00:02:40
どうだろうこのまま、
息をすることが出来るなら

00:02:45
途切れた言葉で
紡いでいけるのだろうか

00:02:49
微睡んだ日常の
隅にあるその優しさと

00:02:54
揺らいだ景色を
思い出せるようにって

00:02:58
ねえ
今日も降らした
涙と巡る輝きに

00:03:03
儚いこの日を
忘れたくはなかったんだ

00:03:08
手探りで探してる
遠くを流れて征く明日へ

00:03:13
言葉を重ねる
心が確かに在るだけ

この曲の関連記事

人気順
1
歌い手やボカロ

何時しか落としてしまうくらい不安定な

微熱に隙間風だけが歌う様な

叶わぬ何かに気付けないこのままじゃ

その癖言葉を飲み込んだ

2
歌い手やボカロ

だって答えが無いからさ

瞳を閉じて時を見つめてた

問いかけるいつかの声

形無く漂った隠した寂しさが

3
歌い手やボカロ

微かに切ない夜の音悩まされている優しさと

繰り返す過去をそっとしまっておこう

僕らは知った初夏の色乾いた残響と温度

ほろ苦い世界に降った涙を

4
歌い手やボカロ

独りを歩く何処かの街で

言葉を描いては飲み込んだ

海辺を灯る景色の奥が

不意に潤んで溶け出したんだ

人気順
1
歌い手やボカロ

人を過度に信じないように

愛さないように期待しないように

かと言って角が立たないように

気取らぬように目立たぬように

2
歌い手やボカロ

乙女解剖であそぼうよ

ドキドキしたいじゃんか誰だって

恥をしたい 痛いくらいが良いんだって知った

あの夜から

3
歌い手やボカロ

何時しか落としてしまうくらい不安定な

微熱に隙間風だけが歌う様な

叶わぬ何かに気付けないこのままじゃ

その癖言葉を飲み込んだ

4
歌い手やボカロ

「死にたい」と言っても死ねなくて

「生きたい」と言ったら死んでって

「死ね」と言われても死ねなくて

「生きろ」と言われたら死んでった