祝福のメシアとアイの塔 - ひとしずくP, やま△ ft. 初音ミク, GUMI, 巡音ルカ, 鏡音リン, 鏡音レン (など) の歌詞


お気に入り
00:00:00
歌詞をタップするとそこから再生されます

00:00:05
終焉の大地の果て 残された子らは

00:00:08
頼りなく小さな手を重ねて

00:00:12
健やかなる時も 病める時も ただ信じて……

00:00:16
「共に分け合っていこう」

00:00:36
人の智を超えて 思い上がった愚かな羊に

00:00:42
神の裁きが下った

00:00:44
滅びゆく世界を守り続ける「アイの塔」には

00:00:49
世界の寿命が灯る

00:00:59
若者の村に 王国の使者がもたらした

00:01:05
予言の報

00:01:07
針子の少女に 誉れ高き【次のメシア】へと

00:01:12
神託が降りた

00:01:14
塔の中に守られし【祝福】は

00:01:18
九つの メシアだけが賜う【栄光】

00:01:21
君と共に 僕らも塔へ連れ立とう

00:01:25
滅びゆく楽園の命、繋ぐため

00:01:29
祝福をこの手に 心、打ち鳴らし

00:01:33
栄光を掴み取れ 懸命に……

00:01:36
信じ合う仲間とともに 助け合えば

00:01:41
恐れるものは、なにもない

00:01:44
最初の祝福を

00:01:47
命が渦巻く【華やぐ波】の扉へ 手を伸ばす

00:01:51
ふと、大きな手を重ねて 青年が言った

00:01:57
「共に分け合っていこう」

00:02:14
メシアを押しのけ 横取られた最初の祝福

00:02:19
仲間たちは いがみ合い

00:02:21
二つ目の扉 赤き目を血走らせ

00:02:24
剣士は【炎の宴】に興じる

00:02:28
【恵みの陽光】を勝ち取って

00:02:30
悦に入る姉の手を振り払い

00:02:34
悔しげな顔で 妹は【安息の闇】へ

00:02:39
息巻いて進む

00:02:41
「選ばれたのは、私なのに……」 「「独リ占
メハ許サナイ……」」

00:02:44
「欲」は人を変えてしまうのか?

00:02:47
僧は祝詞を【揺蕩う大地】に捧げて

00:02:51
詩人は【雷鳴の囃子】口遊ぶ

00:02:54
祝福をこの手に…… 心、研ぎ澄まし

00:02:57
栄光を奪い取れ 我先に……

00:03:00
信じ合う仲間は、何処へ…… 誰もが、敵?

00:03:04
断ち切りなさい 過ぎた愛を

00:03:07
【旋風のロンド】に 踊り子が舞う

00:03:11
双生の姉は 片割れを押しのけ

00:03:14
【白銀の園】へ

00:03:15
歓喜の雫は 流れる間もなく 凍てた

00:03:21
九つ目の祝福は 眠れる【マグマの胎動】

00:03:27
双生の弟は メシアを欺いて

00:03:32
誇らしげに笑った

00:03:34
信じた仲間に裏切られ

00:03:38
【祝福】はすべて 横取られた

00:03:41
灯らぬトーチ 掲げながら

00:03:45
祈りの祭壇へ……

00:03:51
塔の中に封じられし【祝福】

00:03:54
……という名のメシアに課せられた【贖罪】

00:03:58
【贄】と共に 乗り越えたメシアよ

00:04:01
今こそ 新しき楽園の命、繋ぎ足せ

00:04:07
荒波に溺れ沈み 業火の海を舞い

00:04:11
無慈悲な干天に頽れて

00:04:14
永遠に明けぬ闇に狂い 大地に呑まれても

00:04:17
君独りで、いかせはしない

00:04:21
裁きの雷に打たれ 風刃に裂かれて

00:04:24
心ごと凍らされても 灼熱を這う

00:04:27
健やかなる時も 病める時も ただ信じて……

00:04:31
「共に分け合っていこう」

00:04:34
導きの灯を繋げ 尊き贄の果て

00:04:37
愚かなる連鎖は 永遠に繰り返す……

00:04:40
信じ合った仲間たちに 助けられて

00:04:44
勝ち取った灯を 高く掲げて

00:04:47
暁の鐘が鳴く 栄光の調べ

00:04:50
神の威を授けられたメシアは

00:04:53
独り静かに笑いながら……

00:04:59
九つの【哀】を生みて

00:05:02
祭壇に手を伸ばした

人気順
1
歌い手やボカロ

静かな夜を照らしている

街灯が続く並木道で

自販機探し歩いてるのに

どうしてかな 見当たらないや

2
歌い手やボカロ

「あたし計算はイマイチ 引き算ばっかり」

「自然数xを求めよとか そういうのわかんな

い」

Yeah デュワ デュワ デュワ デュワ

3
歌い手やボカロ

星降る夜は君に 酔えぬ夢の後に

歌う愛のセレナーデ

気が触れそうなほどに 涙落ちるたびに

溢れるのは君だ

4
歌い手やボカロ

45秒で何ができる?

45秒で何ができる?

君の事を考える事!!

45秒で何ができる?

人気順
1
歌い手やボカロ

偶然からはじまる 必然の一場面(ワンシーン)

遠くに見えたのは 揺れる赤色

不思議な森の奥で 見つけた黒い影と

何かが始まる予感、怖くて逃げ出した

2
歌い手やボカロ

終焉の大地の果て 残された子らは

頼りなく小さな手を重ねて

健やかなる時も 病める時も ただ信じて……

「共に分け合っていこう」

3
歌い手やボカロ

握った側から零れる 儚い砂のように

この手が望んだものは

いとも簡単にすり抜けていく

奪い合うために 殺し合うために

4
歌い手やボカロ

今日は誰で遊びましょう……ね?

愛……其れは極不可思議な解

弱き花が、頂?

そう、能ある花は

人気順
1
歌い手やボカロ

偶然からはじまる 必然の一場面(ワンシーン)

遠くに見えたのは 揺れる赤色

不思議な森の奥で 見つけた黒い影と

何かが始まる予感、怖くて逃げ出した

2
歌い手やボカロ

終焉の大地の果て 残された子らは

頼りなく小さな手を重ねて

健やかなる時も 病める時も ただ信じて……

「共に分け合っていこう」

3
歌い手やボカロ

握った側から零れる 儚い砂のように

この手が望んだものは

いとも簡単にすり抜けていく

奪い合うために 殺し合うために

4
歌い手やボカロ

今日は誰で遊びましょう……ね?

愛……其れは極不可思議な解

弱き花が、頂?

そう、能ある花は

人気順
1
歌い手やボカロ

片付けたい 忘れていたい

そんな顔でいつまで戦うの また一人で

愛しても 愛しても

その度に傷口が顔を出す 巻き戻すように

2
歌い手やボカロ

教えて 教えてよ その仕組みを 僕の中に誰が

いるの?

壊れた 壊れたよ この世界で 君が笑う 何も見

えずに

3
歌い手やボカロ

愛から生まれた一冊の本には

まだ書かれていない”恋”という一文字

退屈な15ページだった

次をめくると息が詰まり溺れた

4
歌い手やボカロ

乙女解剖であそぼうよ

ドキドキしたいじゃんか誰だって

恥をしたい 痛いくらいが良いんだって知った

あの夜から

人気順
1
歌い手やボカロ

終焉の大地の果て 残された子らは

頼りなく小さな手を重ねて

健やかなる時も 病める時も ただ信じて……

「共に分け合っていこう」

2
歌い手やボカロ

This is my way (my way) 一度きりの

Your way (your way) 道を歩こう

Hey!

カテゴリも標識(ルール)もない未開拓時代

3
歌い手やボカロ

灰と化す栄光 舞い降りる闇に

染まり落ちる 赤色のカルマ

憂いを抱いて また立ち上がるの

相剋の果てに 何も見えなくても

4
歌い手やボカロ

今日もまた美しい淑女(おんな)が 僕の元訪れ

微笑みを浮かべる貴女は 新しい妻となる

禁断の悪魔との契約 手に入れたこの力

人気順
1
歌い手やボカロ

"Are you free tonight?" Called from you.

now

お気に入りmuskと 甘々な秘密纏う

I've been waiting… This weekend night!!

2
歌い手やボカロ

そろそろ覚悟してください。

ねえ。

自信を確信にするプロセスが

きっと力になって

3
歌い手やボカロ

劣等上等 BRING IT ON

列島上々 不眠日本

子供騙しのマセマティカ

バレてんだってそんなのって

4
歌い手やボカロ

「昨日人を殺したんだ」

君はそう言っていた。

梅雨時ずぶ濡れのまんま、部屋の前で泣いてい

た。

人気順
1
歌い手やボカロ

そろそろ覚悟してください。

ねえ。

自信を確信にするプロセスが

きっと力になって

2
歌い手やボカロ

劣等上等 BRING IT ON

列島上々 不眠日本

子供騙しのマセマティカ

バレてんだってそんなのって

3
歌い手やボカロ

「昨日人を殺したんだ」

君はそう言っていた。

梅雨時ずぶ濡れのまんま、部屋の前で泣いてい

た。

4
歌い手やボカロ

終焉の大地の果て 残された子らは

頼りなく小さな手を重ねて

健やかなる時も 病める時も ただ信じて……

「共に分け合っていこう」