ヒッチコック - ヨルシカ の歌詞


00:00:00
「雨の匂いに懐かしくなるのは何でなんでしょ
うか。
00:00:06
夏が近づくと胸が騒めくのは何でなんでしょう
か。
00:00:12
人に笑われたら涙が出るのは何でなんでしょう
か。
00:00:17
それでもいつか報われるからと思えばいいんで
しょうか。」
00:00:23
さよならって言葉でこんなに胸を裂いて
00:00:28
今もたった数瞬の夕焼けに足が止まっていた
00:00:37
「先生、人生相談です。
00:00:39
この先どうなら楽ですか。
00:00:42
そんなの誰もわかりはしないよなんて言われま
すか。
00:00:47
ほら、苦しさなんて欲しいわけない。
00:00:51
何もしないで生きていたい。
00:00:54
青空だけが見たいのは我儘ですか。」
00:01:11
「胸が痛んでも嘘がつけるのは何でなんでしょ
うか。
00:01:17
悪い人ばかりが得をしてるのは何でなんでしょ
うか。
00:01:22
幸せの文字が¥(かね)を含むのは何でなんでしょ
うか。
00:01:28
一つ線を抜けば辛さになるのはわざとなんでしょ
うか。」
00:01:33
青春って値札が背中に貼られていて
00:01:39
ヒッチコックみたいなサスペンスをどこか期待
していた
00:01:47
「先生、どうでもいいんですよ。
00:01:50
生きてるだけで痛いんですよ。
00:01:53
ニーチェもフロイトもこの穴の埋め方は書かな
いんだ。
00:01:58
ただ夏の匂いに目を瞑って、
00:02:01
雲の高さを指で描こう。
00:02:04
想い出だけが見たいのは我儘ですか。」
00:02:19
「ドラマチックに人が死ぬストーリーって売れ
るじゃないですか。
00:02:24
花の散り際にすら値が付くのも嫌になりました。
00:02:30
先生の夢は何だったんですか。
00:02:35
大人になると忘れちゃうものなんですか。」
00:02:41
「先生、人生相談です。
00:02:44
この先どうなら楽ですか。
00:02:47
涙が人を強くするなんて全部詭弁でした。
00:02:51
あぁ、この先どうでもいいわけなくて、現実だ
けがちらついて、
00:02:58
夏が遠くて。
00:03:01
これでも本当にいいんですか。
00:03:04
このまま生きてもいいんですか。
00:03:06
そんなの君にしかわからないよなんて言われま
すか。
00:03:11
ただ夏の匂いに目を瞑りたい。
00:03:15
いつまでも風に吹かれたい。
00:03:17
青空だけが見たいのは我儘ですか。」
00:03:23
あなただけを知りたいのは我儘ですか
人気順
1
歌い手やボカロ

「雨の匂いに懐かしくなるのは何でなんでしょ

うか。

夏が近づくと胸が騒めくのは何でなんでしょう

か。

2
歌い手やボカロ

凛として花は咲いた後でさえも揺るがなくて

今日が来る不安感も奪い取って行く

正午過ぎの校庭で一人の僕は透明人間

誰かに気付いてほしくて歌っている

3
歌い手やボカロ

ねぇ ねぇ

何か言おうにも言葉足らずだ

空いた口が塞がらないから から

ねぇ ねぇ

4
歌い手やボカロ

言って

あのね、私実は気付いてるの

ほら、君がいったこと

あまり考えたいと思えなくて