夜明けと蛍 - n-buna(ナブナ) ft. 初音ミク の歌詞


オフボーカル
お気に入り
00:00:00
歌詞をタップするとそこから再生されます
オフボーカルにすることでカラオケが出来ます

00:00:38
淡い月に見とれてしまうから

00:00:44
暗い足元も見えずに

00:00:50
転んだことに気がつけないまま

00:00:56
遠い夜の星が滲む

00:01:14
したいことが見つけられないから

00:01:20
急いだ振り 俯くまま

00:01:26
転んだ後に笑われてるのも

00:01:32
気づかない振りをするのだ

00:01:38
形のない歌で朝を描いたまま

00:01:44
浅い浅い夏の向こうに

00:01:50
冷たくない君の手のひらが見えた

00:01:56
淡い空 明けの蛍

00:02:14
自分がただの染みに見えるほど

00:02:20
嫌いなものが増えたので

00:02:26
地球の裏側へ飛びたいのだ

00:02:32
無人の駅に届くまで

00:02:38
昨日の僕に出会うまで

00:02:44
胸が痛いから下を向くたびに

00:02:50
君がまた遠くを征(ゆ)くんだ

00:02:56
夢を見たい僕らを汚せ

00:03:01
さらば 昨日夜に咲く火の花

00:03:32
水に映る花を見ていた

00:03:43
水に霞む月を見ていたから

00:03:58
夏が来ないままの空を描いたなら

00:04:05
君は僕を笑うだろうか

00:04:11
明け方の夢 浮かぶ月が見えた空

00:04:20
朝が来ないままで息が出来たなら

00:04:26
遠い遠い夏の向こうへ

00:04:32
冷たくない君の手のひらが見えた

00:04:38
淡い朝焼けの夜空

00:04:55
夏がこないままの街を今

00:05:02
あぁ 藍の色 夜明けと蛍

人気順
1
アニソンやゲーム

She lied

彼女は横になったの

She lied down in the silence

静寂の中で横になったの

2
歌い手やボカロ

最上階に君が一人 揺れる影が ずっと ずっと

「ずっと、僕らの愛はもう見つかりはしないでしょ

う」

言葉を飲み込む音 息を止めた 街中に一人

3
J-Pop

ファンタジックな 恋をして 今も 君が見れな

写真の向こうで 笑う君と 冬の部屋で 一人

髪を切っても 恋の歌 止まることさえ 知らな

4
歌い手やボカロ

花びらが宙に浮いた 舞った一足のサンダル

身体ごと宙に浮いて 飛んでしまえたら私は

はらはらはら

一人で踊ってるだけ ただそれだけだ

人気順
1
歌い手やボカロ

ナンセンスな毎日を

卑しめて慰めた

切り取って貼り付ける

繰り返しループする生活

2
歌い手やボカロ

何でもないのに涙が

こぼれ落ちたらいいから笑って

一滴も残さずに救ったら

戸棚の隅のほうへ隠すから

3
歌い手やボカロ

ココロぽつり 張り詰め プツリ

四六時 背伸び 徒に病み

ココロ肯定 出来ず 擦りキズ

しのぐコノ毒 至らず孤独

4
歌い手やボカロ

僕は最上最愛の 

この世界に産み落とされたモンスター

そこは従順傀儡の 

嫌な時代に振り落とされたもんだ