空の飛び方 - 天月 の歌詞


お気に入り
00:00:00
歌詞をタップするとそこから再生されます

00:00:19
何度も幼年期に言い訳を探して

00:00:27
選んだ道の正しさを信じていたいのかな

00:00:35
あぁまた月曜日の憂鬱を手にして

00:00:43
眠れない夜があっても

00:00:46
明日はどうせほら、来ちゃうのだろう

00:00:51
笑われない様に選んできた道の上で

00:00:57
どれだけ君は笑えたんだろう

00:01:01
秘密で描いていた地図の行先を教えてよ

00:01:09
その扉の前で一人で怯えて迷ってる君のために

00:01:17
僕にしか出来ないことは何一つないと思うんだ
けど

00:01:24
目を閉じてしまうなら名前を呼ぶよ

00:01:29
何回も僕はここに立つから

00:01:32
最後まで聴いてよ、ねぇ

00:01:36
拙くて消えそうなこのラブソングを忘れないで

00:02:00
どんなに自問自答繰り返していたとしても

00:02:08
正解不正解にキリはない

00:02:11
確かめたいのなら手を繋ぐよ

00:02:16
恋心まで全部投げ出してしまったなら

00:02:23
きっと凡庸でつまらない人生?

00:02:26
それくらいの期待と後悔は持って戦ってよ

00:02:34
窓の外の声に急かされるのなら耳を塞いでもい
いよ

00:02:42
雨の強い日も風の日も その全て、最高の日だ

00:02:50
君が望むのなら魔法をかけるよ 何回でもやり
直せるように

00:02:58
人と同じように恋をして選ばれたいなら本気に
なってよね

00:03:06
靴を履いたらカバンは置いてよ

00:03:10
余計なものはいらない

00:03:13
理由もなくて構わない

00:03:17
大丈夫、僕はここだよ

00:03:38
その扉の前で背中を押すよ 実はもう飛べるん

00:03:46
君が今知りたいことは子供の頃に覚えている

00:03:54
目を閉じてしまうなら名前を呼ぶよ

00:03:58
何回も僕はここに立つから

00:04:01
最後まで聴いてよ、ねぇ

00:04:05
拙くて消えそうなこのラブソングを忘れないで

00:04:16
君だけの歌を聴かせて

この曲の関連記事

人気順
1
歌い手やボカロ

考えたってわからないし 青空の下、

君を待った

風が吹いた正午、昼下がりを抜け出す想像

ねぇ、これからどうなるんだろうね

2
歌い手やボカロ

また始まった忘れんぼう

手帳の隅っこだってカレンダーにだって

マルしておいたのに

どうして怒ってるかおわかりですか?

3
歌い手やボカロ

「この歌がさ、君に届きませんように。」

そんな口振りで表情を隠しながら

「幸福を願っています。」と

善良な思想 掲げて歌った

4
歌い手やボカロ

メルト溶けちゃいそうだよ

好きだなんて絶対にいえない…

すれ違う言葉にちょっとだけの後悔 涙こぼれ