やっぱり雨は降るんだね - ツユ, ぷす の歌詞


お気に入り
00:00:00
平行線から遠のいて
ほら天気予報も当たんなくて
こんなぐずった空に舞って
僕の声ばっか恥ずかしいね

00:00:08
放課のチャイムが鳴ったって
君の横顔で聴こえなくて
もう 優等生には出来ない事なんだ

00:00:15
声に出すのは簡単で
でも伝えるのは難しくて
本当だって分かんないの?
そりゃ天気予報も当たんないね

00:00:22
身長だって覚えないし
下の名前では呼んでくれないんだ
そんな恋は雲のようで
広がって またくっついたりもして

00:00:32
そっと差し出してくれた
君の変なセンス全開の傘の中も悪くは無いなっ

00:00:39
もう思う事さえ出来なくなったって
だれのせいよ

00:00:46
だけど やっぱり雨は降るんだね
とっくに打たれ慣れたって 強がりさえ届かな
いんだって

00:00:54
分かってるんだよ そんなの全部
今すぐ流れてしまうように 祈るだけ

00:01:01
やっぱり雨は降るんだね
そうだ 君の声なんて掻き消して
このままずぶ濡れ

00:01:09
お日様が愛おしくて
またね またねって笑うように
しゃがみ込んでしまった

00:01:17
[間奏]

00:01:30
今日の天気は晴れだって?
疑って待って傘を持った
トートバッグ リュックサック
ほら荷物がもう煩わしいね

00:01:38
結局ずっと変わらないなら
頭がいっぱいなんて馬鹿みたいじゃん
そんな恋は空のようで
澄み切って 虹は架からなくて

00:01:47
そっと差し出してくれた
君の熱心で真剣な所が刻まれた消しゴム握って

00:01:55
もうときめく事 出来なくなったって
だれのせいよ

00:02:01
だけど やっぱり雨は降るんだね
とっくに分かり切ってんだ悔しいけど 認めた
くないって

00:02:10
決まってるんだよ こんなの全部
今すぐ溺れてしまえばいい 思うだけ

00:02:17
やっぱり雨は降るんだね
ずっと君の笑った顔だった
あの紫陽花とずぶ濡れ

00:02:25
夜空が奪い去って
嫌だ 嫌だって止まるように
憂えてしまった

00:02:32
[間奏]

00:02:45
だけど やっぱり雨は降るんだね
とうに枯れてしまったってまだ梅雨だよ

00:02:54
後から想ったって
君は遠くに

00:02:59
だけど やっぱり雨は降るんだね
とっくに打たれ慣れたって 強がりさえ届かな
いんだって

00:03:07
分かってるんだよ そんなの全部
今すぐ 流れてしまうように祈るだけ

00:03:14
やっぱり雨は降るんだね
そうだ 君の声なんて掻き消して
このままずぶ濡れ

00:03:22
お日様が愛おしくて
またね またねって笑うように
溢れ出してしまったんだ
さよならだ

00:03:31
[間奏]

00:04:00
またね またねって笑えたんだ

この曲の関連記事

人気順
1
J-Pop

平行線から遠のいて

ほら天気予報も当たんなくて

こんなぐずった空に舞って

僕の声ばっか恥ずかしいね

2
歌い手やボカロ

言葉選べない この感情は何だ

理性を無くした 獣みたいだ

後姿じゃもう 満たせないから

一線を越えろと 魔が差したのさ

3
J-Pop

初夏の日差しに縋っても

立ち止まってはくれないから

後ろ姿を追うだけで精一杯なんだけど ねぇ

朝焼け夕焼けこやけの中で

4
J-Pop

蝉時雨が僕の心に冷たく響く

太陽を濡らして

ねぇ ずっと今が茜色で染まり続ければ

夕も幸せだろう

人気順
1
J-Pop

あの世行きのバスに乗ってさらば。

幼い頃 殺めた命は数えきれず

小さな命を葬っては平然と笑って帰路についた

今になって考えたら真っ先に死ぬのは私でよかっ

2
J-Pop

平行線から遠のいて

ほら天気予報も当たんなくて

こんなぐずった空に舞って

僕の声ばっか恥ずかしいね

3
J-Pop

初夏の日差しに縋っても

立ち止まってはくれないから

後ろ姿を追うだけで精一杯なんだけど ねぇ

朝焼け夕焼けこやけの中で

4
J-Pop

蝉時雨が僕の心に冷たく響く

太陽を濡らして

ねぇ ずっと今が茜色で染まり続ければ

夕も幸せだろう