詩書きとコーヒー - ヨルシカ の歌詞


お気に入り
00:00:00
最低限の生活で小さな部屋の六畳で

00:00:05
君と暮らせれば良かった それだけ考えていた

00:00:11
幸せの色は準透明 なら見えない方が良かった

00:00:16
何も出来ないのに今日が終わる

00:00:18
[間奏]

00:00:29
最低限の生活で小さな部屋の六畳で

00:00:35
天井を眺める毎日 何かを考えていた

00:00:40
幸せの価値は60000円
家賃が引かれて4000円

00:00:45
ぼやけた頭で想い出を漁る

00:00:50
冷めた目で愛を語るようになっていた

00:00:56
冷めたコーヒーも相変わらずそうなんだ

00:01:02
嫌いだ
わかんないよ わかんないよ
わかんないよ わかんないよ

00:01:09
想い出になる 君が邪魔になっていく

00:01:13
わかんないよ わかんないよ
わかんないよ わかんないよ
わかんないよ

00:01:20
上手な歩き方も
さよならの言い方も

00:01:25
[間奏]

00:01:35
最小限の音量で 少し大きくなった部屋で

00:01:40
止まったガスも思い出もシャワーの冷たさも
書き殴った

00:01:45
寿命を売るなら残り二年
それだけ残してあの街へ

00:01:51
余った寿命で思い出を漁る

00:01:56
晴れも夜祭りも関町の街灯も

00:02:01
雲も逃げ水も斜に構えた歌詞観も

00:02:07
詭弁だ
わかんないよ わかんないよ
わかんないよ わかんないよ

00:02:14
想い出になる 君が詩に成っていく

00:02:18
わかんないよ わかんないよ
わかんないよ わかんないよ
わかんないよ

00:02:25
忘れられる方法も
これからの使い方も

00:02:31
[間奏]

00:02:50
冷めた目の中で君の詩を書いていた

00:02:56
僕のこの日々は君の為の人生だ

00:03:01
夢も儚さも君の口も目もその指先も忘れながら

00:03:09
ほら、そろそろ詩も終わる 時間だ

00:03:18
やっと君の番だからさ
わかんないよ わかんないよ
わかんないよ わかんないよ

00:03:27
想い出になれ 君よ詩に成って往け

00:03:30
わかんないよ わかんないよ
わかんないよ わかんないよ
わかんないね

00:03:37
人は歩けるんだとか
それが当たり前だとか
わかんないさ

00:03:46
わかんないよ

人気順
1
J-Pop

幽霊になった僕は、明日遠くの君を見に行くん

その後はどうしよう きっと君には言えない

幽霊になった僕は、夏の終わり方を見に行くん

2
J-Pop

時計が鳴ったからやっと眼を覚ました

昨日の風邪がちょっと嘘みたいだ

出かけようにも、あぁ、予報が雨模様だ

どうせ出ないのは夜が明けないから

3
J-Pop

灰色に白んだ言葉はカプチーノみたいな色して

言い訳はいいよ 窓辺に置いてきて

数え切れないよ

4
アニソンやゲーム

僕らはいつも探してる

雲のむこうになにがあるのか

それが知りたかった

見えるのは