ひとりぼっち - 堂村璃羽 ft. たかやん の歌詞


お気に入り
00:00:00
歌詞をタップするとそこから再生されます

00:00:09
私は生まれてもいい命だったの?

00:00:14
誰も答えてくれやしないで
自分たちのことで精一杯さ

00:00:20
どうして構ってもくれないのに
産んでくれたの?

00:00:24
本当は生きていて欲しくないなら
そういってくれればいいのにさ

00:00:30
生きる理由も知らずに生きる
誰も望んでない日々をただつなぐ

00:00:34
身体が流す赤い涙の行方も
滲んで消えてしまうだけなら

00:00:39
いっそこのまま私も溶けてしまいたい
なんて思ってもただの

00:00:45
被害妄想のページに過ぎない
わかってるよ ただ愛されたいだけ

00:00:50
誰もいないLonely night
朝になってもいない
机上広がるのは無愛想な手紙と

00:00:55
最低限の小銭だけの日常
それよりも答えがただ欲しかった

00:01:00
私は生まれてよかったのって
望まれて作られた命かって

00:01:05
それだけでいい 一言だけでいい
それさえあれば楽になれるから

00:01:10
私は生まれてもいい命だったの?

00:01:15
誰も答えてくれやしないで
自分たちのことで精一杯さ

00:01:20
どうして構ってもくれないのに
産んでくれたの?

00:01:25
本当は生きていて欲しくないなら
そういってくれればいいのにさ

00:01:30
愛されたいとおもうことは
いけない事なの?

00:01:35
どうして周りの人達みたいに
ママとパパは遊んでくれないの?

00:01:40
一人を愛すことってそんなに難しいの?

00:01:45
ただ好きなことを伝えたいだけなのに
どうしてそれを聞いてくれないの?

00:01:50
鉄の匂い しおれたギャグマンガ日和

00:01:55
レーズンみたいに甘くなくて
ドロドロで気持ち悪いけど綺麗

00:02:01
自慢してみても
そのしょうもない自分に呆れてる

00:02:06
死人みたいに手は冷たいのに
しょうもなく生きている

00:02:11
天国の人ごめんなさい
死にたいのにまだ生きていたい

00:02:16
神様は現れないまま私を尾行したがり

00:02:21
「ヤリ捨てたあいつは何してるの?」
「DVクソ親父はもう死んでるの?」

00:02:26
今日はいいや、
あの子にスタ連してからすぐ寝よう。

00:02:31
巨乳のバカ ヤリマンのバカ
信じた社会も全部バカだった

00:02:36
どうして生まれた?私のまま
被っても視界は私の感覚

00:02:41
顔にできたニキビを数えては

00:02:46
益々自分を攻めて 傷つけて
自分におはようさえしたくないよ

00:02:51
スマホ無しでも公園で遊べてた

00:02:56
あの頃 今更 エモさに浸っても
ただ単に気が遠くなるだけだ

00:03:01
「あなたが生まれて、
ママは嬉しかったの。」

00:03:06
「あなたが生まれて、
パパは嬉しかったよ。」

00:03:11
そんな言葉はかけてくれないの。

00:03:16
耳を塞いで心を塞いだ。

00:03:21
「私が生まれて、
ママは嬉しかったの?」

00:03:26
「私が生まれて、
パパは嬉しかったの?」

00:03:31
望む言葉はきっとこないから、

00:03:37
耳を塞いで心を塞いだ。

この曲の関連記事

人気順
1
J-Pop

意味の無い時間と手を繋ぎ歌う日々

嘆いてくだらない 泥塗れのリミックス

小学校で大便を漏らし続け

中学校で女子如き 苛められて

2
J-Pop

最初と間逆 気遣って話す

理想と現実が同時に殴ってくる

友達の惚気話に嫉妬してる

一人孤独で溶けている

3
J-Pop

瞼を閉じたって

すぐにはここからは抜け出せやしないか

秒針の音が

意識を飛ばし誘(イザナ)う夢の中へ

4
J-Pop

私は生まれてもいい命だったの?

誰も答えてくれやしないで

自分たちのことで精一杯さ

どうして構ってもくれないのに

人気順
1
J-Pop

身体は重なり合ってる

だけど愛はずれたままで過ごしてる

Shareしてるのは快感と時間だけ

愛情に需要なんてないんだって

2
J-Pop

求めあって絡み合って愛を演じあって

また偽りの愛をただ抱きしめて眠る

望まれるたびにまた心からだ溶かしてく

蜃気楼になっていく 真実の姿が

3
J-Pop

意味の無い時間と手を繋ぎ歌う日々

嘆いてくだらない 泥塗れのリミックス

小学校で大便を漏らし続け

中学校で女子如き 苛められて

4
J-Pop

最初と間逆 気遣って話す

理想と現実が同時に殴ってくる

友達の惚気話に嫉妬してる

一人孤独で溶けている