パレード - ヨルシカ の歌詞


お気に入り
00:00:00
歌詞をタップするとそこから再生されます

00:00:17
身体の奥 喉の真下

00:00:26
心があるとするなら君はそこなんだろうから

00:00:52
ずっと前からわかっていたけど

00:01:01
歳取れば君の顔も忘れてしまうからさ

00:01:10
身体の奥 喉の中で

00:01:19
言葉が出来る瞬間を僕は知りたいから

00:01:27
このまま夜が明けたら

00:01:35
乾かないように想い出を

00:01:39
失くさないようにこの歌を

00:01:43
忘れないで もうちょっとだけでいい

00:01:52
一人ぼっちのパレードを

00:02:13
ずっと前から思ってたけど

00:02:22
君の指先の中にはたぶん神様が住んでいる

00:02:31
今日、昨日よりずっと前から、ずっとその昔の
昔から。

00:02:47
わかるんだ

00:03:23
身体の奥 喉の真下

00:03:31
君の書く詩を ただ真似る日々を

00:03:41
忘れないように

00:03:50
君のいない今の温度を

00:03:59
乾かないような想い出で

00:04:03
失くせないでいたこの歌で

00:04:07
もう少しでいい もうちょっとだけでいい

00:04:18
一人ぼっちのパレードを

人気順
1
J-Pop

考えたってわからないし

青空の下、君を待った

風が吹いた正午、昼下がりを抜け出す想像

ねぇ、これからどうなるんだろうね

2
歌い手やボカロ

「雨の匂いに懐かしくなるのは何でなんでしょ

うか。

夏が近づくと胸が騒めくのは何でなんでしょう

か。

3
J-Pop

夜に浮かんでいた

海月のような月が爆ぜた

バス停の背を覗けば

あの夏の君が頭にいる

4
J-Pop

変わらない風景 浅い正午 高架下、藍二乗、

寝転ぶまま

白紙の人生に拍手の音が一つ鳴っている

空っぽな自分を今日も歌っていた