Silvia - buzzG ft. amu の歌詞


お気に入り
00:00:00
歌詞をタップするとそこから再生されます

00:00:24
君の体温に導かれ 今日住み慣れた街を出る

00:00:34
枝垂柳の街路樹 遠い 遠い 花火の音

00:00:45
指先でなぞれ 甘い吐息 絡み合う

00:00:53
掴み取った自由

00:00:56
一つだけの 一つだけの 生まれ育った場所を捨
てても

00:01:07
二人だけで 二人だけの 楽園まで行こう

00:01:19
嫌いだったこの街が少しだけ愛しく思えたんだ

00:01:38
「歩き続ければ一緒に景色も変わり続けるの。」

00:01:48
君は寂しそうに呟く 僕は そっと抱きしめた

00:02:00
芽生えた依存心 留まりたくない 心揺れる

00:02:08
歩き出した自由

00:02:11
一つだけの 僕らだけの幸せが存在するなら

00:02:21
二人だけの 二人だけの 楽園なのかな

00:02:34
迷いだした衝動と焦燥の狭間で揺れる名を

00:02:46
君の名を 君の名を

00:03:14
Silvia…

00:03:18
交わらない 交われない 君に縋ってたことに気
付いたから

00:03:28
一人だけで 一人だけで この街を出よう

00:03:41
手に入れたもの全部 捨て続け 捨てながら歩く

この曲の関連記事

人気順
1
歌い手やボカロ

This is the SUMMER TIME

夏のまえにキミに逢えたから 最高の波がきて

いるのさ

I want you to know my sweet emotion

2
歌い手やボカロ

江戸の町は 今日も深く 夜の帳かけて行く

鏡向いて 紅をひいて 応じるまま 受け入れる

まま

橙色 輝いた花 憧れてた 望んでいた

3
歌い手やボカロ

未来線 海上 黎明 凪いだ視界 HAZE

さぁ 一直線に穿って 今日も不安定な将来へ

明日明後日僕ら どんな希望を 抱いていれば

生きていられるのか なんていわれるのか

4
歌い手やボカロ

それぞれの場所へ旅立っても

友達だ 聞くまでもないじゃん

十人十色に輝いた日々が

胸張れと背中押す

人気順
1
歌い手やボカロ

一人では夢の続きも

見れなくなった天竺へ

カラカラと喉を枯らしては

泡沫の恋を過ぎて

2
歌い手やボカロ

愛する人と共に過ごして

どれくらいの時が経ったんでしょう

擦り切れた時代は遠ざかって

「人を愛せない」と思ってたけど

3
歌い手やボカロ

愛する人と共に過ごして

どれくらいの時が経ったんでしょう

擦り切れた時代は遠ざかって

「人を愛せない」と思ってたけど

4
歌い手やボカロ

子供の頃に君が海岸で拾った

ボロボロで色褪せた紙切れの束

これからのことや誰と出会うのかも 全部書い

てあった