君の神様になりたい。 - カンザキイオリ ft. メガテラ・ゼロ Lyric


Add favorites
00:00:00
Tap Lyrics to Play

00:00:03
「僕の命の歌で君が命を大事にすればいいのに」
boku no inochi no uta de kimi ga inochi wo daiji ni su re ba i i no ni

00:00:08
「僕の家族の歌で君が愛を大事にすればいいの
boku no kazoku no uta de kimi ga ai wo daiji ni su re ba i i no
に」
ni

00:00:12
そんなことを言って本心は欲しかったのは共感
so n na ko to wo i tte honshin ha hoshi ka tta no ha kyoukan
だけ。
da ke

00:00:18
欲にまみれた常人のなりそこないが、僕だった。
yoku ni ma mi re ta joujin no na ri so ko na i ga boku da tta

00:00:24
苦しいから歌った。
kuru shi i ka ra uta tta

00:00:26
悲しいから歌った。
kana shi i ka ra uta tta

00:00:29
生きたいから歌った。ただのエゴの塊だった。
iki ta i ka ra uta tta ta da no EGO no katamari da tta

00:00:33
こんな歌で誰かが、救えるはずないんだ。
ko n na uta de dareka ga suku e ru ha zu na i n da

00:00:38
だけど僕は、君の神様になりたかった。
da ke do bokuha kimi no kamisama ni na ri ta ka tta

00:00:44
こんな歌で君のジュグジュグ腐った傷跡が埋ま
ko n na uta de kimi no JUGUJUGU kusa tta kizuato ga u ma
るもんか。
ru mo n ka

00:00:49
君を抱きしめたって、叫んだってなにも現実な
kimi wo da ki shi me ta tte sake n da tte na ni mo genjitsu na
んて変わるもんか。
n te ka wa ru mo n ka

00:00:54
がむしゃらに叫んだ曲なんて、僕がスッキリす
ga mu sha ra ni sake n da maga na n te boku ga SUKKIRI su
るだけだ。
ru da ke da

00:00:59
欲しかったのは共感だけ。でも君も救いたかっ
hoshi ka tta no ha kyoukan da ke de mo kimi mo sukui ta ka tu
た。
ta

00:01:03
僕は無力だ。僕は無力だ。
bokuha muryoku da bokuha muryoku da

00:01:06
僕は無力だ。僕は無力だ。僕は無力だ。
bokuha muryoku da bokuha muryoku da bokuha muryoku da

00:01:19
ボロボロに落ちて落ちて落ちてかさぶたになっ
BOROBORO ni ochi te ochi te ochi te ka sa bu ta ni na tu
た傷で
ta kizu de

00:01:24
誰かと喋ってみたかったんだ、馬鹿みたいな話。
dareka to shabe tte mi ta ka tta n da baka mi ta i na hanashi

00:01:29
「あなたに救われました」と「生きたいと思い
a na ta ni suku wa re ma shi ta to iki ta i to omoi
ました」と
ma shi ta to

00:01:33
ああそうかい、変わったのは自分のおかげだろ。
a a so u ka i ka wa tta no ha jibun noh ka ge da ro
よかったな。
yo ka tta na

00:01:38
子供の頃は自分も素敵な大人になると思ってい
kodomo no koro ha jibun mo suteki na otona ni na ru to omo tte i
ta

00:01:43
ていうか素敵な大人になって自分を救いたいっ
te i u ka suteki na otona ni na tte jibun wo sukui ta i tu
ておもってた
te o mo tte ta

00:01:48
時が経ち僕が成すのはボロボロの泥だらけの自
toki ga chi boku ga na su no ha BOROBORO no doro da ra ke no ji
分で
bun de

00:01:53
生きるのに精一杯。ゲロ吐くように歌う日々だ。
iki ru no ni seiippai GERO ha ku yo u ni uta u hibi da

00:01:58
何度だって歌った。かさぶたが剥がれるほど歌っ
nando da tte uta tta ka sa bu ta ga ha ga re ru ho do uta tu
た。
ta

00:02:03
生身の僕で、君の神様になりたかった
namami no boku de kimi no kamisama ni na ri ta ka tta

00:02:08
こんな歌で君のジュグジュグ募った痛みが癒せ
ko n na uta de kimi no JUGUJUGU tsuno tta itami ga iya se
るもんか。
ru mo n ka

00:02:12
君を抱きしめたって、叫んだって君が苦しいこ
kimi wo da ki shi me ta tte sake n da tte kimi ga kuru shi i ko
とは変わらないや
to ha ka wa ra na i ya

00:02:18
グラグラで叫んだ曲なんて、僕も実際好きじゃ
GURAGURA de sake n da maga na n te boku mo jissai suki ja
ないや
na i ya

00:02:22
欲しかったのは共感だけ。それじゃ誰も救えな
hoshi ka tta no ha kyoukan da ke so re ja dare mo suku e na
いや。
i ya

00:02:27
僕は無力だ。僕は無力だ。
bokuha muryoku da bokuha muryoku da

00:02:29
僕は無力だ。僕は無力だ。僕は無力だ。
bokuha muryoku da bokuha muryoku da bokuha muryoku da

00:02:42
生きた証が欲しいとか、誰かに称えて欲しいと
iki ta akashi ga hoshi i to ka dareka ni tata e te hoshi i to
か、
ka

00:02:47
そんなのはさほど重要じゃない。どうせ落ちぶ
so n na no ha sa ho do juuyou ja na i do u se ochi bu
れた命だ。
re ta inochi da

00:02:52
誰かを救う歌を歌いたい。誰かを守る歌を歌い
dareka wo suku u uta wo uta i ta i dareka wo mamo ru uta wo uta i
たい。
ta i

00:02:57
君を救う歌を歌いたい。無理だ。
kimi wo suku u uta wo uta i ta i muri da

00:03:00
君は君が勝手に君のやりかたで幸せになれる。
kimi ha kimi ga katte ni kimi no ya ri ka ta de shiawase ni na re ru

00:03:05
こんな歌で君のジュグジュグ腐った傷穴が埋ま
ko n na uta de kimi no JUGUJUGU kusa tta kizu ana ga u ma
るもんか。
ru mo n ka

00:03:09
君を抱きしめたい、叫んであげたい君の傷跡も
kimi wo da ki shi me ta i sake n de a ge ta i kimi no kizuato mo
痛みも全部。
itami mo zembu

00:03:15
でも所詮君は強い。君はきっと一人で前を向い
de mo shosen kimi ha kimi ha ki tto hitori de mae wo mu i
ていくんだ。
te i ku n da

00:03:19
それならばいい。だけどもし涙がこぼれてしま
so re na ra ba i i da ke do mo shi namida ga ko bo re te shi ma
う時は、
u toki ha

00:03:24
君の痛みを、君の辛さを、君の弱さを、君の心
kimi no itami wo kimi no tsura sa wo kimi no yowa sa wo kimi no kokoro
を、
wo

00:03:29
僕の無力で、非力な歌で、汚れた歌で歌わして
boku no muryoku de hiriki na uta de yogore ta uta de uta wa shi te
くれよ。
ku re yo

00:03:34
僕は無力だ。僕は無力だ。僕は神様にはなれな
bokuha muryoku da bokuha muryoku da bokuha kamisama ni ha na re na
かった。
ka tta

00:03:39
僕は無力だ。僕は無力だ。
bokuha muryoku da bokuha muryoku da

00:03:41
無力な歌で、君を救いたいけど、救いたいけど。
muryoku na uta de kimi wo sukui ta i ke do sukui ta i ke do

Top Ranking
1
Vocaloid

愛した理由も忘れちゃって

過食気味の胸で泣いちゃって

肌の色すら見えなくなってる

自分だけ傷ついたつもりで

2
Vocaloid

「昨日人を殺したんだ」

君はそう言っていた。

梅雨時ずぶ濡れのまんま、部屋の前で泣いてい

た。

3
Vocaloid

「僕の命の歌で君が命を大事にすればいいのに」

「僕の家族の歌で君が愛を大事にすればいいの

に」

そんなことを言って本心は欲しかったのは共感

4
Vocaloid

「昨日人を殺したんだ」

君はそう言ってた。

梅雨時ずぶ濡れのまんま、部屋の前で泣いてい

た。

Top Ranking
1
Vocaloid

例えば君の顔に昔よりシワが増えても

それでもいいんだ

僕がギターを思うように弾けなくなっても

心の歌は君で溢れているよ

2
Vocaloid

一つ二つと歳を重ねて 外面だけは大人になっ

毎日が何時も くだらなさ過ぎて笑えないや

一歩でも三歩でも 前に進めば何かが変わる

3
Vocaloid

「僕の命の歌で君が命を大事にすればいいのに」

「僕の家族の歌で君が愛を大事にすればいいの

に」

そんなことを言って本心は欲しかったのは共感

4
Vocaloid

劇を見て夏を見て

月を見たっていつも観測者で

そしてただ指を差し

あーだこーだ言うことしか