おおかみは赤ずきんに恋をした - ひとしずくP, やま△ ft. 96猫, 天月 Lyric


Add favorites
00:00:00
Tap Lyrics to Play

00:00:14
偶然からはじまる 必然の一場面(ワンシーン)

00:00:19
遠くに見えたのは 揺れる赤色

00:00:24
不思議な森の奥で 見つけた黒い影と

00:00:29
何かが始まる予感、怖くて逃げ出した

00:00:34
「出会い」は 終わりに続くシナリオ

00:00:39
だからわざと 遠回りをした

00:00:44
会いたい、なんて 触れたい、なんて 話したい、
なんて思わない

00:00:49
かよわい君と狡い僕が 「出会う」其れが終わ
りさ

00:00:54
残酷だって罵ったって 運命は変わらない

00:00:59
ああ どうして、君が? どうして、僕が? おお
かみと赤ずきん、なんだ

00:01:14
きっと君は今日も この道を訪れる

00:01:19
そして僕は今日もずっと 見守るしかできない

00:01:24
君はあの木の先で いつも通り、隠れてる

00:01:29
私は気付かぬ振りしたまま 通り過ぎた

00:01:34
視線は絡まない 声は届かない

00:01:39
ため息だけが 虚しく重なる

00:01:44
会えなくたって 触れなくたって 話せなくたっ
ていいから

00:01:49
頼りない君とぎこちない僕が 其処に居るだけ
でいいんだ

00:01:54
これが恋だって言わないなら 言葉なんて、
無くていい

00:01:59
ああ 考えたって 考えたって エンディングは
変わらない
ka wa ra na i

00:02:26
会いたかったんだ 触れたかったんだ 話したかっ
た、ほんとは

00:02:30
かわいい君と優しい僕が 出会い、結ばれる結
末(エンド)

00:02:35
何回だって 何回だって 神様に願ったよ でも…

00:02:40
悲しいくらい、悲しいくらい おおかみと赤ず
きん、なんだ

00:02:45
泣いてる君を慰めたくて 伸ばした腕が、震え
ru

00:02:50
愛しているよ 抱きしめたいよ だけど、できな
いんだよ…!

00:02:56
どう足掻いたって どう願ったって 爪も牙も
消えない

00:03:00
だから、ただ待ってるよ 君の涙が止むまで、
あの木の先で

00:03:10
ずっと…
zu tto

Top Ranking
1
Vocaloid

すばらしい ものがたり

おずおずとふれあうわ 指と指

ほんのすこし、すこしずつ

やさしさがひらいてく 愛のとびら

2
Vocaloid

お願いマッスル めっちゃモテたい

お願いマッスル めっちゃ痩せたい、YES

お願いマッスル めっちゃモテたいから

ウー! (キレてるよ!) ハー! (キレてるよ!)

3
Vocaloid

「えーっと、お次の方ー どうぞー」

「はい、わたしです」

「はい、じゃそこ座ってね 今日はどうしたの

?」

4
Vocaloid

都合よく映されてた錯覚

意味を失った言葉と自覚

ぽっかり空いたこの穴は二度と

返してと泣き迷った路頭

Top Ranking
1
Vocaloid

乾いた土にそっと 雨粒が流れてく

降りだした小雨が 黒い服の袖を濡らす

蓋つきのベッドで 花びら毛布は暖かい?

咽せ返るような白百合 君はぐっすりと眠って

2
Vocaloid

偶然からはじまる 必然の一場面(ワンシーン)

遠くに見えたのは 揺れる赤色

不思議な森の奥で 見つけた黒い影と

何かが始まる予感、怖くて逃げ出した

3
Vocaloid

夏を待ちわびる庭に

今年も種を蒔いた

あなたと過ごした日々が

色褪せず、此処に見える

4
Vocaloid

静寂が 街を包む夜に

降り注ぐ 白

かざした手のひらに

触れた 瞬間に 解けてく

Top Ranking
1
Vocaloid

乾いた土にそっと 雨粒が流れてく

降りだした小雨が 黒い服の袖を濡らす

蓋つきのベッドで 花びら毛布は暖かい?

咽せ返るような白百合 君はぐっすりと眠って

2
Vocaloid

偶然からはじまる 必然の一場面(ワンシーン)

遠くに見えたのは 揺れる赤色

不思議な森の奥で 見つけた黒い影と

何かが始まる予感、怖くて逃げ出した

3
Vocaloid

夏を待ちわびる庭に

今年も種を蒔いた

あなたと過ごした日々が

色褪せず、此処に見える

4
Vocaloid

あいやしばらく! 突然ですが、あなたの短い人

生が

残すところもたったの三日で 幕引き、終了と

なりました

Top Ranking
1
Vocaloid

最初はほんの興味本位で

始まった物語

そっと一人きり震える手で

クリックした『投稿』ボタン

2
Vocaloid

また始まった忘れんぼう

手帳の隅っこだってカレンダーにだって

マルしておいたのに

どうして怒ってるかおわかりですか?

3
Vocaloid

すばらしい ものがたり

おずおずとふれあうわ 指と指

ほんのすこし、すこしずつ

やさしさがひらいてく 愛のとびら

4
Vocaloid

叶わぬ恋をしちゃいました

来週もまた会えるかな?

何気なくついていった

興味もないライブだった