あの夏が飽和する。 - カンザキイオリ ft. 鏡音レン, 鏡音リン Lyric


OffVocal
Add favorites
00:00:00
Tap Lyrics to Play
Tap OffVocal button on the bottom right for karaoke

00:00:15
「昨日人を殺したんだ」
kinou hito wo koroshi ta n da
君はそう言っていた。
kimi ha so u i tte i ta

00:00:20
梅雨時ずぶ濡れのまんま、部屋の前で泣いてい
tsuyudoki zu bu nure no ma m ma heya no mae de na i te i
た。
ta

00:00:26
夏が始まったばかりというのに、
natsu ga haji ma tta ba ka ri to i u no ni
君はひどく震えていた。
kimi ha hi do ku furue te i ta

00:00:31
そんな話で始まる、あの夏の日の記憶だ。
so n na hanashi de haji ma ru a no natsu no hi no kioku da

00:00:55
「殺したのは隣の席の、いつも虐めてくるアイ
koroshi ta no ha tonari no seki no i tsu mo gyaku me te ku ru AI
ツ。
TSU

00:01:00
もう嫌になって、肩を突き飛ばして、
mo u iya ni na tte kata wo tsukito ba shi te
打ち所が悪かったんだ。
uchidokoro ga waru ka tta n da

00:01:06
もうここには居られないと思うし、どっか遠い
mo u ko ko ni ha i ra re na i to omo u shi do kka toh i
とこで死んでくるよ」
to ko de shi n de ku ru yo

00:01:11
そんな君に僕は言った。
so n na kimi ni bokuha i tta
「それじゃ僕も連れてって」
so re ja boku mo tsure te tte

00:01:16
財布を持って、ナイフを持って、
saifu wo NAIFU wo
携帯ゲームもカバンに詰めて、
keitai GE-MU mo KABAN ni tsume te

00:01:22
いらないものは全部、壊していこう。
i ra na i mo no ha zembu kowa shi te i ko u

00:01:27
あの写真も、あの日記も、今となっちゃもうい
a no shashin mo a no nikki mo ima to na tcha mo u i
らないさ。
ra na i sa

00:01:32
人殺しと、ダメ人間の君と僕の旅だ。
hitogoroshi to DAME ningen no kimi to boku no tabi da

00:01:43
そして僕らは逃げ出した。
so shi te bokura ha nigeda shi ta
この狭い狭いこの世界から。
ko no sema i sema i ko no sekai ka ra

00:01:48
家族もクラスの奴らも何もかも全部捨てて君と
kazoku mo KURASU no yatsura mo nanimo ka mo zembu su te te kimi to
二人で。
futari de

00:01:54
遠い遠い誰もいない場所で二人で死のうよ。
toh i toh i dare mo i na i basho de futari de shi no u yo

00:01:58
もうこの世界に価値などないよ、人殺しなんて
mo u ko no sekai ni kachi na do na i yo hitogoroshi na n te
そこら中湧いてるじゃんか。
so ko ra juu wa i te ru ja n ka

00:02:05
君は何も悪くないよ。君は何も悪くないよ。
kimi ha nanimo waru ku na i yo kimi ha nanimo waru ku na i yo

00:02:26
結局僕ら誰にも愛されたことなど無かったんだ。
kekkyoku bokura dare ni mo ai sa re ta ko to na do na ka tta n da

00:02:30
そんな嫌な共通点で僕らは簡単に信じあってき
so n na iya na kyoutsuuten de bokura ha kantan ni shin ji a tte ki
た。 
ta  

00:02:36
君の手を握った時微かな震えも既に無くなって
kimi no te wo nigi tta toki kasu ka na furue mo sudeni na ku na tte
いて、
i te

00:02:42
誰にも縛られないで二人、線路の上を歩いた。
dare ni mo shiba ra re na i de futari senro no ue wo aru i ta

00:02:47
金を盗んで、二人で逃げて、
kane wo nusu n de futari de nige te
どこにも行ける気がしたんだ。
do ko ni mo i ke ru ki ga shi ta n da

00:02:53
今更怖いものは、僕らにはなかったんだ。
imasara kowa i mo no ha bokura ni ha na ka tta n da

00:02:58
額の汗も、落ちたメガネも
hitai no ase mo ochi ta MEGANE mo
「今となっちゃどうでもいいさ。
ima to na tcha do u de mo i i sa

00:03:03
 あぶれ者の、小さな逃避行の旅だ」
  a bu re mono no chiisana touhikou no tabi da

00:03:14
いつか夢見た優しくて、誰にも好かれる主人公
i tsu ka yumemi ta yasa shi ku te dare ni mo su ka re ru shujinkou
なら、
na ra

00:03:19
汚くなった僕たちも見捨てずにちゃんと救って
kitana ku na tta boku ta chi mo misu te zu ni cha n to suku tte
くれるのかな?
ku re ru no ka na

00:03:24
「そんな夢なら捨てたよ、だって現実を見ろよ?
so n na yume na ra su te ta yo da tte genjitsu wo mi ro yo
シアワセの
SHIAWASE no

00:03:30
四文字なんてなかった今までの人生で思い知っ
yon moji na n te na ka tta imamade no jinsei de omoishi tu
たじゃないか。
ta ja na i ka

00:03:35
自分は何も悪くねえと、誰もがきっと思ってる」
jibun ha nanimo waru ku ne e to dare mo ga ki tto omo tte ru

00:03:56
宛ても無く彷徨う蝉の群れに、
a te mo na ku samayo u semi no mure ni
水も無くなり揺れ出す視界に、
mizu mo na ku na ri yure da su shikai ni

00:04:02
迫り狂う鬼たちの怒号に、
sema ri kuru u oni ta chi no dogou ni
バカみたいにはしゃぎあい
BAKA mi ta i ni ha sha gi a i
ふと君はナイフをとった。
fu to kimi ha NAIFU wo to tta

00:04:08
「君が今までそばにいたからここまでこれたん
kimi ga imamade so ba ni i ta ka ra ko ko ma de ko re ta n
だ。 
da  

00:04:13
だからもういいよ。もういいよ。
da ka ra mo u i i yo mo u i i yo
死ぬのは私一人でいいよ。」
shi nu no ha watashihitori de i i yo

00:04:27
そして君は首を切った。
so shi te kimi ha kubi wo
まるで何かの映画のワンシーンだ。
ma ru de nanika no eiga no WANSHI-N da

00:04:33
白昼夢を見ている気がした。
hakuchuumu wo mi te i ru ki ga shi ta
気づけば僕は捕まって。
ki zu ke ba bokuha tsuka ma tte

00:04:38
君がどこにも見つからなくって。
kimi ga do ko ni mo mi tsu ka ra na ku tte
君だけがどこにもいなくって。
kimi da ke ga do ko ni mo i na ku tte

00:04:43
そして時は過ぎて言った。
so shi te toki ha sugi te i tta
ただ暑い暑い日が過ぎてった。
ta da atsu i atsu i hi ga sugi te tta

00:04:48
家族もクラスの奴らもいるのになぜか君だけは
kazoku mo KURASU no yatsura mo i ru no ni na ze ka kimi da ke ha
どこにもいない。
do ko ni mo i na i

00:04:54
あの夏の日を思い出す。
a no natsu no hi wo omoida su
僕は今も今でも歌ってる。
bokuha ima mo ima de mo uta tte ru

00:04:59
君をずっと探しているんだ。
kimi wo zu tto saga shi te i ru n da
君に言いたいことがあるんだ。
kimi ni i i ta i ko to ga a ru n da

00:05:04
9月の終わりにくしゃみして
gatsu no owari ni ku sha mi shi te
6月の匂いを繰り返す。
gatsu no nioi wo kurikae su

00:05:09
君の笑顔は、君の無邪気さは、頭の中を飽和し
kimi no egao ha kimi no mujaki sa ha atama no naka wo houwa shi
ている。
te i ru

00:05:15
誰も何も悪くないよ。
dare mo nanimo waru ku na i yo
君は何も悪くはないから、
kimi ha nanimo waru ku ha na i ka ra

00:05:21
もういいよ、投げ出してしまおう。
mo u i i yo nageda shi te shi ma o u
そう言って欲しかったのだろう?なあ?
so u i tte hoshi ka tta no da ro u na a

Top Ranking
1
Vocaloid

愛した理由も忘れちゃって

過食気味の胸で泣いちゃって

肌の色すら見えなくなってる

自分だけ傷ついたつもりで

2
Vocaloid

「僕の命の歌で君が命を大事にすればいいのに」

「僕の家族の歌で君が愛を大事にすればいいの

に」

そんなことを言って本心は欲しかったのは共感

3
Vocaloid

「昨日人を殺したんだ」

君はそう言ってた。

梅雨時ずぶ濡れのまんま、部屋の前で泣いてい

た。

4
Vocaloid

「死にたいなんて言うなよ。 諦めないで生き

ろよ。」

そんな歌が正しいなんて馬鹿げてるよな。

実際自分は死んでもよくて 周りが死んだら悲

Top Ranking
1
Vocaloid

劣等上等 BRING IT ON

列島上々 不眠日本

子供騙しのマセマティカ

バレてんだってそんなのって

2
Vocaloid

伽藍堂の今日に捩込むスコーピング

猿のエス・オウ・エスはもう濁声と化している

気附いて居るのだ疾うに 其れも壹瞬に

擬物の愛等、蹴飛ばして仕舞え

3
Vocaloid

「昨日人を殺したんだ」

君はそう言っていた。

梅雨時ずぶ濡れのまんま、部屋の前で泣いてい

た。

4
Vocaloid

今宵も天(そら)は 明るく

一際輝く 流星の尾

愛しき君の 身を案じ

くるりくるり 回って

Top Ranking
1
Vocaloid

劣等上等 BRING IT ON

列島上々 不眠日本

子供騙しのマセマティカ

バレてんだってそんなのって

2
Vocaloid

「昨日人を殺したんだ」

君はそう言っていた。

梅雨時ずぶ濡れのまんま、部屋の前で泣いてい

た。

3
Vocaloid

そろそろ覚悟してください。

ねえ。

自信を確信にするプロセスが

きっと力になって

4
Vocaloid

小競り合いはごめんですよ

きっと僕ら異端児 睨んだバチバチに

ニックネームは“MONSTER BOY”

規格外です 別注 “REBORN WING”