打上花火 (米津玄師) - 花たん, Gero Lyric


Add favorites
00:00:00
Tap Lyrics to Play

00:00:21
あの日見渡した渚を 今も思い出すんだ
a no himi watashi ta nagisa wo ima mo omoida su n da

00:00:31
砂の上に刻んだ言葉 君の後ろ姿
suna no ue ni kiza n da kotoba kimi no ushirosugata

00:00:41
寄り返す波が 足元をよぎり何かを攫う
yo ri kae su nami ga ashimoto wo yo gi ri nanika wo sara u

00:00:51
夕凪の中 日暮れだけが通り過ぎて行く
yuunagi no naka higure da ke ga tohrisu gi te i ku

00:01:01
パッと光って咲いた 花火を見ていた
PA tto hika tte sa i ta hanabi wo mi te i ta

00:01:06
きっとまだ 終わらない夏が
ki tto ma da owa ra na i natsu ga

00:01:11
曖昧な心を 解かして繋いだ
aimai na kokoro wo to ka shi te tsuna i da

00:01:16
この夜が 続いて欲しかった
ko no yoru ga tsuzu i te hoshi ka tta

00:01:31
「あと何度君と同じ花火を見られるかな」って
a to nando kimi to onaji hanabi wo mi ra re ru ka na tte

00:01:36
笑う顔に何ができるだろうか
wara u kao ni nani ga de ki ru da ro u ka

00:01:41
傷つくこと 喜ぶこと 繰り返す波と情動
kizu tsu ku ko to yoroko bu ko to kurikae su nami to joudou

00:01:46
焦燥 最終列車の音
shousou saishuu ressha no oto

00:01:52
何度でも 言葉にして君を呼ぶよ
nando de mo kotoba ni shi te kimi wo yo bu yo

00:01:56
波間を選び もう一度
namima wo era bi mo u ichido

00:02:02
もう二度と悲しまずに済むように
mo u nidoto kana shi ma zu ni su mu yo u ni

00:02:19
はっと息を飲めば 消えちゃいそうな光が
ha tto iki wo no me ba kie cha i so u na hikari ga

00:02:24
きっとまだ 胸に住んでいた
ki tto ma da mune ni su n de i ta

00:02:29
手を伸ばせば触れた あったかい未来は
te wo no ba se ba fure ta a tta ka i mirai ha

00:02:34
ひそかに二人を見ていた
hi so ka ni futari wo mi te i ta

00:02:40
パッと花火が 夜に咲いた
PA tto hanabi ga yoru ni sa i ta

00:02:45
夜に咲いて 静かに消えた
yoru ni sa i te shizuka ni kie ta

00:02:50
離さないで もう少しだけ
hana sa na i de mo u sukoshi da ke

00:02:55
もう少しだけ このままで
mo u sukoshi da ke ko no ma ma de

00:03:09
あの日見渡した渚を 今も思い出すんだ
a no himi watashi ta nagisa wo ima mo omoida su n da

00:03:19
砂の上に刻んだ言葉 君の後ろ姿
suna no ue ni kiza n da kotoba kimi no ushirosugata

00:03:29
パッと光って咲いた 花火を見ていた
PA tto hika tte sa i ta hanabi wo mi te i ta

00:03:34
きっとまだ 終わらない夏が
ki tto ma da owa ra na i natsu ga

00:03:38
曖昧な心を 解かして繋いだ
aimai na kokoro wo to ka shi te tsuna i da

00:03:44
この夜が 続いて欲しかった
ko no yoru ga tsuzu i te hoshi ka tta

Top Ranking
1
Vocaloid

「ねぇこっちおいでよ…なんて」

「えーっと、聞こえてますよ…なんて」

1,2,3,4!

「もう冬ですね」「そうクリスマス」

2
Vocaloid

待ち合わせは二時間前で

此処に独り それが答えでしょ

街ゆく人 流れる雲

僕のことを嘲笑ってた

3
Vocaloid

楽しみも夢もなくて 宛もなくて愚痴る

ずっと誰からも認められず 膝を抱えていた

ほどけたままの靴紐 結ぶ余裕なくて

ずっと汚れたままの瞳で 遠く見つめていた

4
Vocaloid

喜ビートに乗せて 僥倖ダンス

君のスマイルと 手を繋いで

絡まリズムに合わせ 相乗チャンス

歌え 踊れ 最高の人生を 死ぬまで 生きれる

Top Ranking
1
Vocaloid

「ねぇこっちおいでよ…なんて」

「えーっと、聞こえてますよ…なんて」

1,2,3,4!

「もう冬ですね」「そうクリスマス」

2
Vocaloid

淡い月に見蕩れてしまうから

暗い足元も見えずに

転んだことに気がつけないまま

遠い夜の星が滲む

3
J-Pop

初めてあなたを見たとき

胸の奥に花が咲いて

みつけたと この人と 歌ったのです

それはとてもあたたかくて

4
Vocaloid

愛想がつきたようなんだ 僕に

廃頽十九の傘に灯がついてる 今日も

十二時過ぎのアスファルトに

落ちた君の 小さな命の重ね火を そっと