新着
歌い手やボカロ

言葉なんてさ当てにならない

なんとだってきっと言えるでしょ

邪魔しないでもう喋らないで

嫌いなものから指折り消してしまいましょ

歌い手やボカロ

暮れる赤 照らされた世界で

吐き出した声は 唄になる

「このままで消えなかったらな」なんて

分かりたかった僕だって

歌い手やボカロ

「ねえ一緒なんじゃない?」 なんて信じられな

これは面倒くささと好奇心らの病みのバトル

“あなたのことが私は嫌い”

歌い手やボカロ

僕はゲンガー いつもこうやって

後ろ向いて指を咥えて

どうせあっちに行っても こっちに行っても

ニッチもサッチも誰かの

歌い手やボカロ

ねえ知ってる かまくらの中は暖かいんだよ

思わず眠れちゃうかもね

ねえ知ってる 雪の夜は静かなんだよ

違う星にきたみたいだ