新着
J-Pop

もう忘れてしまったかな

夏の木陰に座ったまま、

氷菓(アイス)を口に放り込んで風を待っていた

もう忘れてしまったかな

J-Pop

ねぇ、このまま夜が来たら、

僕らどうなるんだろうね

列車にでも乗って行くかい。

僕は何処でもいいかな

J-Pop

時計が鳴ったからやっと眼を覚ました

昨日の風邪がちょっと嘘みたいだ

出かけようにも、あぁ、予報が雨模様だ

どうせ出ないのは夜が明けないから

J-Pop

灰色に白んだ言葉はカプチーノみたいな色して

言い訳はいいよ 窓辺に置いてきて

数え切れないよ

J-Pop

小さな穴が空いた

この胸の中心に一つ

夕陽の街を塗った

夜紛いの夕暮れ